arrowsスマホおすすめ人気ランキング|新機種から歴代まで比較【2024年最新】

arrowsスマホのおすすめ機種や歴代のarrowsスマホをまとめてご紹介!arrowsシリーズを選ぶメリット・デメリット、シリーズごとの特徴についても解説します。arrowsスマホが気になっている方や購入を検討している方はぜひ参考にしてください!
  • 2024.4.18
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024.4.18に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
arrowsシリーズ徹底比較|おすすめ10機種を厳選

arrowsシリーズはFCNT株式会社という日本メーカーが製造、展開しているスマホブランドです。

現在では主に安価なエントリーモデルから中価格帯のミドルレンジモデルを中心にスマホを販売しています。

arrowsシリーズとは

日本メーカーということで日本人向け機能も充実しており、「コストパフォーマンス重視で普段づかいしやすいスマホが欲しい!」という方におすすめです。

本記事ではarrowsスマホのおすすめ機種や歴代のarrowsスマホについて紹介していきます。

2024年最新のarrowsシリーズのおすすめランキングは以下の通りです。

arrowsシリーズおすすめランキング

本記事では、arrowsシリーズのメリットやデメリットについても紹介しています。

arrowsシリーズのメリット・デメリット

メリット
  • 安価なモデルが豊富
  • 防水や耐衝撃性能といった安心機能が充実
  • ジュニアやシニアのスマホデビューにも最適
デメリット
  • 高性能なハイエンドモデルが少ない
  • 通信キャリアからしか購入できない

arrowsスマホが気になっている方や購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

最新スマホはauがお得!
  • 5Gスマホがおトクになるキャンペーン中
  • Galaxy Z Flip5なら最大27,500円割引
  • Galaxy新機種も発売!

arrowsシリーズとは

arrowsシリーズとは

arrowsは、元々FCNT株式会社が展開していたスマホブランドです。

FCNT株式会社は2018年に富士通から独立したメーカーで、独立以降もarrowsブランドを引き継いで新モデルを提供しています。

なおFCNT株式会社は2023年5月30日に倒産してしまいましたが、中国・香港に本社を置くレノボの出資を受け、2023年9月29日よりFCNT合同会社が事業を継承しています。

現在のarrowsシリーズは主にエントリーモデルからミドルレンジモデルを中心に展開しており、コストパフォーマンスの良さが魅力の一つです。

arrowsのブランドリニューアル

そんなarrowsは2022年にブランドコンセプトを一新しました。

新たなコンセプトは「あなたへ、一歩進んだ日常を。」で、「サステナビリティ」や「エシカル」をテーマに環境への配慮を前面にアピールしています。

ブランドリニューアル後に発表された最初のスマホであるarrows Nは、本体素材に再生プラスチックを使用したり、売り上げの1%を環境保護団体へ寄付したりする取り組みが盛り込まれました。

arrowsシリーズのスマホはハンドソープで丸洗いできたり、耐久性能が高かったりと安心して普段づかいできる性能が充実している点も特徴です。

アイコン
スマホ初心者でも安心して利用できる機能も充実しているのでスマホデビューの方にもおすすめですよ。

【2024年最新】arrowsシリーズおすすめランキング

arrowsシリーズおすすめ機種

2024年最新のおすすめarrowsシリーズをランキング形式で5機種紹介していきます。

すでに販売終了しているarrowsスマホもありますが、中古であれば購入することが可能です。

安くて使いやすいスマホが欲しい人は、中古arrowsも含めて購入を検討してみてください。

arrowsシリーズおすすめランキング

これらの機種について、特徴やスペックを解説していきます。

1位:arrows N

arrows N

画像引用元:arrows N

arrows Nの評価
総合評価4.2点
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
arrows N
発売日2023年2月10日
画面サイズ6.24インチ
本体サイズ幅:72mm
高さ:155mm
厚さ:10.8mm
重さ171g
アウトカメラ広角:5,030万画素
超広角:810万画素
インカメラ1,240万画素
バッテリー4,600mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
認証指紋・顔
防水IPX5/8
カラーフォグホワイト
フォレストブラック
ブラッシュネイビー(オンラインショップ限定)
arrows Nのメリット
  • 筐体素材の約67%にリサイクル素材を使用
  • 120Hz駆動の有機ELディスプレイを搭載
  • OS更新は最大3回、セキュリティ更新も最大4年間
arrows Nのデメリット
  • カメラ性能が高くない
  • 内蔵スピーカーはステレオ非対応
  • ワイヤレス充電に非対応

arrows Nは2023年2月に発売された最新arrowsスマホです。

arrows Nはブランドのコンセプトに合わせて「サステナビリティ」「エシカル」の考え方を多く盛り込んでいます。

電気、電子部品以外の約67%の部品にリサイクル素材を採用するなど、環境に配慮して作られています。

CPUにSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジモデルで、本体の性能は比較的高めです。

RAMの容量も8GBと大きく、複数のアプリを同時に起動しても動作が重くならず快適に操作できます。

またディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応

画面操作はサクサク動き、映像も滑らかに映し出されます。

アイコン
有機ELディスプレイは発色がいいので写真などの綺麗な表示も期待できますね。

最大3回のOSアップデートと最大4年間のセキュリティアップデートが保証されているのもポイントです。

保証期間が長いので、安心して使い続けることができますよ。

一方、カメラ性能は今ひとつ。

動画撮影は4K撮影非対応で、フルHD画質でしか記録することができません。

同等のスペックを持つスマホの中にはカメラ性能が高いものが数多くあるため、カメラ性能を重視する人には不向きといえるでしょう。

arrows Nの価格
ドコモ88,000円公式サイトを見る

2位:arrows We

arrows We

画像引用元:arrows We

arrows Weの評価
総合評価3.7点
カメラ性能3.0
処理性能3.5
画面性能3.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
arrows We
発売日2021年12月3日
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:147mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:1,310万画素
マクロ:190万画素
インカメラ500万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
認証指紋認証
防水・防塵IPX5/8・IP6X
カラーネイビー
ホワイト
パープル
レッド
ローズゴールド
ブラック
ターコイズ
arrows Weのメリット
  • ハンドソープの丸洗い、アルコール除菌に対応
  • 1.5mからの落下にも耐えられる耐久性
  • 防犯機能やジュニアモードなどの安心機能が充実
arrows Weのデメリット
  • 処理性能が低くゲームをするのにはスペック不足
  • 本体重量がエントリーモデルにしては重い
  • カメラ性能は必要最低限

2021年12月発売のarrows Weは、Snapdragon 480を搭載したエントリースマホです。

定価2万円台の格安スマホですが、便利な機能がたくさん搭載されています。

日常づかいに必要十分なスペックを搭載しているため、メールや電話、Webページの閲覧などの使用がメインであれば問題なく使用できます。

「迷惑電話対策・還付金詐欺対策機能」や「フィッシング詐欺警告」といった特殊詐欺を未然に防げる機能を搭載しているのも特徴。

高齢者向けのスマホとしても安心して使うことができます。

アイコン
ジュニアモードも搭載されているので、子供用のスマホとしてもおすすめです。利用できるアプリや利用時間を制限できるため、使いすぎを防ぐことができます。

まさにスマホデビューの方にぴったりの機種といるでしょう。

さらに耐久性にも優れているので、長く快適に使用することができますよ。

ただし性能は低めで、負荷の大きいアプリを操作する時には処理が追い付かずフリーズしたり動作が不安定になったりする恐れがあります。

ゲームには基本的には向いていないので、スマホでゲームを楽しみたい人はミドルレンジ以上のスマホを購入するようにしましょう。

arrows Weの価格
ドコモ22,000円公式サイトを見る
ソフトバンク25,920円公式サイトを見る

3位:arrows Be4 Plus

arrows Be4 Plus

画像引用元:arrows Be4 Plus

arrows Be4 Plusの評価
総合評価3.9点
カメラ性能3.0
処理性能3.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
arrows Be4 Plus
発売日2021年5月28日
画面サイズ約5.6インチ
本体サイズ高さ:約148mm
幅:約71mm
厚さ:約9.4m
重さ約160g
アウトカメラ広角:1,310万画素
インカメラ800万画素
バッテリー3,600mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 460
認証指紋
防水・防塵IPX5 / IPX8・IP6X
カラーレッド
ブラック
ホワイト
arrows Be4 Plusのメリット
  • 価格が安くて買いやすい
  • エントリースマホでは珍しく有機ELディスプレイ搭載
  • シンプルモードがスマホ初心者でも使いやすい
arrows Be4 Plusのデメリット
  • スペックが低くゲームをするには不向き
  • 内蔵スピーカーがステレオ非対応
  • 対応バンドが少ない

arrows Be4 Plusは2021年5月発売のエントリースマホです。

安価なエントリーモデルとして必要十分な機能が上手くまとまっています。

arrows Be4 PlusのCPUはSnapdragon 480を搭載。

スペックが抑えられている分、安価で手に入れることができます。

日常づかいには十分な性能は持っているので、電話やメールの利用が中心の人であればストレスなく使うことができるでしょう。

ディスプレイは発色が鮮やかな有機ELディスプレイを搭載しているため、明るく美しい映像を映し出すことができますよ。

また本体は耐久性が高く、アルコール除菌にも対応しており長く安心して使えるのも利点です。

一方スペックが低いため、ゲームをしたい人には向きな機種です。

負荷が大きいアプリを起動するにはスペックが足りず、動作が不安定になる可能性があります。

また対応バンドが少なく、エリアによっては繋がりにくくなることがあります。

ドコモ回線以外の回線での利用を検討している人は注意してください。

arrows Be4 Plusの価格
ドコモ販売終了-

4位:arrows NX9

arrows NX9

画像引用元:arrows NX9

arrows NX9の評価
総合評価3.7点
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能3.0
コストパフォーマンス4.0
arrows NX9
発売日2020年12月18日
画面サイズ約6.3インチ
本体サイズ高さ:約152mm
幅:約72mm
厚さ:約8.5mm
重さ約162g
アウトカメラ広角:4,850万画素
超広角:800万画素
震度:500万画素
インカメラ1,630万画素
バッテリー3,600mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 765 5G
認証指紋
防水・防塵IPX5 / IPX8・IP6X
カラーホワイト
ネイビー
ゴールド
arrows NX9のメリット
  • 普段づかいなら必要十分な性能
  • 本体重量は比較的軽め
  • 自動補正で綺麗な写真撮影が可能
arrows NX9のデメリット
  • リフレッシュレートが低い
  • バッテリー持ちがあまり良くない
  • ワイヤレス充電非対応

arrows NX9は2020年12月発売のミドルレンジスマホです。

普段づかいなら十分な性能を備えているので、発売から時間が経っていますがまだまだ使えます。

arrows NX9のCPUは、処理性能が比較的高いSnapdragon 765Gを搭載しています。

日常づかいであれば快適に操作することが可能です。

ディスプレイは6.3インチと大きくベゼルも細いので、没入感のある映像体験を楽しむことができますよ。

カメラ性能も比較的高めです。

広角・超広角・深度カメラの3眼構成で、あらゆるシーンに対応できます

アイコン
画像処理ソフトのPhotoshopが搭載されているので、撮影した写真を簡単に加工できるのもうれしいですね。

ただしarrows NX9のディスプレイはリフレッシュレートが60Hzと低めです。

最近のスマホは90Hz以上に対応している機種が多く、中には120Hzに対応しているものもあります。

したがってサクサク動くスマホが欲しい人には不向きな機種といえます。

またバッテリーの容量が3,600mAhと少なめなので、バッテリー持ちはあまり良くありません。

バッテリー持ち良い機種が欲しい人は、4,600mAhの大容量バッテリーを搭載しているarrows Nがおすすめです。

arrows NX9の価格
ドコモ販売終了-

5位:arrows 5G

arrows 5G

画像引用元:arrows 5G

arrows 5Gの評価
総合評価3.9点
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
arrows 5G
発売日2020年7月30日
画面サイズ約6.7インチ
本体サイズ約164×76×7.7mm
重さ約171g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,630万画素
望遠:800万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,070mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 865
認証指紋
防水・防塵IPX5、IPX8・IP6X
カラーネイビーブラック
チタニウムシルバー
arrows 5Gのメリット
  • 実用的な処理性能
  • 5G対応ながら薄型本体
  • 6.7インチの大画面
arrows 5Gのデメリット
  • ワイヤレス充電に非対応
  • Android 13にアップデートができない
  • 顔認証非対応

arrows 5Gは2020年7月に発売されたモデルです。

2024年現在購入可能なarrowsシリーズの中で唯一のハイエンドモデルとなっています。

arrows 5GのCPUはSnapdragon 865、RAMは8GBです。

2020年に発売されたモデルなので、最新のハイエンドスマホと比べると性能はやや劣ります。

しかし2024年現在のミドルレンジスマホと同等かそれ以上の性能はあるので、まだまだ実用的な性能を有しています。

カメラは広角・超広角・望遠カメラの3眼構成で、メインカメラでは4,800万画素の高画質で撮影することが可能です。

さらにPhotoshop Expressの自動補正も備えているため、美しい写真に仕上げることができますよ。

ただしarrows 5Gは発売から3年以上が経過した型落ちモデルであり、2022年8月15日にリリースされたAndroid 13には対応していません。

新機能が使えない・セキュリティの強化ができないなどの不安があるほか、利用していたアプリが使えなくなる恐れもあります。

arrows NX9の価格
ドコモ販売終了-
Hamic MIELS

歴代arrowsシリーズ一覧比較表

歴代arrowsシリーズ一覧比較表

続いて、歴代のarrowsスマホの一覧を紹介します。

機種名発売日
arrows N2023年2月10日
arrows We2021年12月3日
arrows Be4 Plus2021年5月28日
arrows NX92020年12月18日
arrows 5G2020年7月30日
arrows Be42020年6月25日
arrows M052019年12月18日
arrows J2019年11月1日
arrows RX2019年10月1日
arrows U2019年6月28日
arrows Be32019年6月7日
arrows Be F-04K2018年5月25日
arrows NX F-01K2017年12月8日
arrows M042017年7月20日
arrows Be F-05J2017年6月1日
arrows NX F-01J2016年12月2日
arrows M032016年7月28日
arrows SV2016年7月6日
arrows NX F-02H2015年12月4日
arrows M022015年10月29日
arrows Fit2015年10月7日
ARROWS NX F-04G2015年5月28日
ARROWS M012014年12月5日
ARROWS NX F-02G2014年11月19日
ARROWS NX F-05F2014年5月30日
ARROWS A 301F2013年12月6日
ARROWS Z FJL222013年11月22日
ARROWS NX F-01F2013年10月24日
ARROWS S EM01F2013年8月20日
ARROWS A 202F2013年6月28日
ARROWS NX F-06E2013年6月7日
ARROWS X F-02E2013年2月22日
ARROWS A 201F2013年2月16日
ARROWS Kiss F-03E2012年12月21日
ARROWS V F-04E2012年11月28日
ARROWS ef2012年11月2日
ARROWS Me2012年8月15日
ARROWS A 101F2012年7月28日
ARROWS X F-10D2012年7月20日
ARROWS Z ISW13F2012年7月20日
ARROWS μ2012年1月20日
ARROWS ES2012年1月7日
ARROWS X LTE2011年12月17日
ARROWS Z2011年12月17日
ARROWS Kiss F-03D2011年11月25日

こうして見ると、arrowsのスマホはかなり多く発売されていることが分かりますね。

これはそれぞれのキャリアで専売モデルを出すことも多いことが理由だと考えられます。

通信キャリアでの発売が中心なので、arrowsスマホは春夏モデルが出る5~7月と秋冬モデルが出る10~12月に発売されることが多いです。

また、表を見ても分かるように、2015年発売のARROWS NX F-04Gまでは大文字表記の「ARROWS」で、それ以降は小文字表記の「arrows」にブランドの表記法が変わっています。

arrowsシリーズのスペック・性能を比較

次に、arrowsシリーズの性能を比較していきます。

スマホの頭脳ともいえるCPUと作業領域の広さであるRAM容量を表にしました。

ここ最近はSnapdragonの400番台や600番台、700番台を搭載したモデルが多くなっています。

機種名CPURAM
arrows NSnapdragon 6958GB
arrows WeSnapdragon 4804GB
arrows Be4 Plus Snapdragon 460 4GB
arrows NX9Snapdragon 765 5G8GB
arrows 5GSnapdragon 865 8GB
arrows Be4Snapdragon 4503GB
arrows M05Snapdragon 4503GB
arrows JSnapdragon 4503GB
arrows RXSnapdragon 4503GB
arrows USnapdragon 4503GB
arrows Be3Snapdragon 4503GB
arrows Be F-04KSnapdragon 4503GB
arrows NX F-01KSnapdragon 6604GB
arrows M04Snapdragon 4102GB
arrows Be F-05JSnapdragon 4102GB
arrows NX F-01JSnapdragon 6253GB
arrows M03Snapdragon 4102GB
arrows SVSnapdragon 4102GB
arrows NX F-02HSnapdragon 8083GB
arrows M02Snapdragon 4102GB
arrows FitSnapdragon 4102GB
ARROWS NX F-04GSnapdragon 8103GB
ARROWS M01Snapdragon 400
1GB
ARROWS NX F-02GSnapdragon 8013GB
ARROWS NX F-05FSnapdragon 8012GB
ARROWS A 301FSnapdragon 8002GB
ARROWS Z FJL22Snapdragon 8202GB
ARROWS NX F-01FSnapdragon 8002GB
ARROWS S EM01FSnapdragon S4 Pro2GB
ARROWS A 202FQualcomm APQ8064T2GB
ARROWS NX F-06EQualcomm Adreno 6302GB
ARROWS X F-02ENVIDIA Tegra 32GB
ARROWS A 201FQualcomm APQ80642GB
ARROWS Kiss F-03EQualcomm Snapdragon S41GB
ARROWS V F-04ENVIDIA Tegra 32GB
ARROWS efSnapdragon MSM89601GB
ARROWS MeSnapdragon MSM82551GB
ARROWS A 101FSnapdragon MSM89601GB
ARROWS X F-10DNVIDIA Tegra 31GB
ARROWS Z ISW13FNVIDIA Tegra 31GB
ARROWS μSnapdragon MSM8255512MB
ARROWS ESSnapdragon MSM8655512MB
ARROWS X LTETexas OMAP 44301GB
ARROWS ZTexas OMAP 44301GB
ARROWS Kiss F-03DSnapdragon MSM8255512MB

Snapdragonの400番台はエントリースマホ向け、600番台と700番台はミドルレンジスマホ向けです。

つまり、最近のarrowsスマホはあまりハイエンドモデルを発売していないことが分かりますね。

また2024年現在、AndroidスマホのRAMは最低でも4GBは欲しいところなので、本記事で「おすすめモデル」としてご紹介した5機種以前のモデルはあまりおすすめできません。

最新モデルのarrows Nはミドルレンジモデルですが、RAMは8GBとハイエンドモデル並みとなっているので、比較的快適な動作が期待できますね。

arrowsシリーズのサイズを比較

続いて、arrowsシリーズのサイズを比較していきます。

表では各機種の画面サイズ、本体サイズ、重量を示しました。

機種名画面サイズ本体サイズ重量
arrows N6.24インチ高さ:155mm
幅:72mm
厚さ:8.6mm
約170g台
arrows We約5.7インチ高さ:約147mm
幅:約71mm
厚さ:約9.4mm
約172g
arrows Be4 Plus約5.6インチ高さ:約148mm
幅:約71mm
厚さ:約9.4m
約160g
arrows NX9約6.3インチ高さ:約152mm
幅:約72mm
厚さ:約8.5mm
約162g
arrows 5G約6.7インチ高さ:164mm
幅:76mm
厚さ:7.7mm
約171g
arrows Be4約5.6インチ高さ:147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
約144g
arrows M05約5.8インチ高さ:149mm
幅:72mm
厚さ:8.8mm
約166g
arrows J約5.8インチ高さ:149mm
幅:72mm
厚さ:8.8mm
約166g
arrows RX約5.8インチ高さ:149mm
幅:72mm
厚さ:8.8mm
約166g
arrows U約5.8インチ高さ:149mm
幅:72mm
厚さ:8.8mm
約166g
arrows Be3約5.6インチ高さ:147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
約145g
arrows Be F-04K約5.0インチ高さ:144mm
幅:72mm
厚さ:8.3mm
約146g
arrows NX F-01K約5.2インチ高さ:144mm
幅:72mm
厚さ:8.1mm
約154g
arrows M04約5.0インチ高さ:144mm
幅:71mm
厚さ:8.0mm
約148g
arrows Be F-05J約5.0インチ高さ:144mm
幅:72mm
厚さ:7.8mm
約141g
arrows NX F-01J約5.5インチ高さ:156mm
幅:75mm
厚さ:7.7mm
約169g
arrows M03約5.0インチ高さ:144mm
幅:72mm
厚さ:7.8mm
約141g
arrows SV約5.0インチ高さ:144mm
幅:72mm
厚さ:7.8mm
約141g
arrows NX F-02H約5.4インチ高さ:154mm
幅:75mm
厚さ:7.9mm
約167g
arrows M02約5.0インチ高さ:141mm
幅:68.9mm
厚さ:8.9mm
約149g
arrows Fit約5.0インチ高さ:141mm
幅:69mm
厚さ:8.9mm
約149g
ARROWS NX F-04G約5.2インチ高さ:146mm
幅:70mm
厚さ:8.8mm
約155g
ARROWS M014.5インチ高さ:138mm
幅:67mm
厚さ:10.9mm
約153g
ARROWS NX F-02G約5.2インチ高さ:144mm
幅:74mm
厚さ:9.4mm
約166g
ARROWS NX F-05F約5.0インチ高さ:140mm
幅:69mm
厚さ:10.4mm
約159g
ARROWS A 301F5.0インチ高さ:141mm
幅:70mm
厚さ:10.3mm
約154g
ARROWS Z FJL22約5.0インチ高さ:141mm
幅:71mm
厚さ:10.1mm
約149g
ARROWS NX F-01F約5.0インチ高さ:140mm
幅:70mm
厚さ:10.0mm
約150g
ARROWS S EM01F約4.7インチ高さ:129mm
幅:65mm
厚さ:10.8mm
約151g
ARROWS A 202F約5.0インチ高さ:139mm
幅:69mm
厚さ:9.8mm
約158g
ARROWS NX F-06E約5.2インチ 高さ:139mm
幅:70mm
厚さ:9.9mm
約163g
ARROWS X F-02E約5.0インチ高さ:140mm
幅:69mm
厚さ:10.3mm
約157g
ARROWS A 201F4.7インチ高さ:129mm
幅:65mm
厚さ:10.8mm
約151g
ARROWS Kiss F-03E約4.0インチ高さ:123mm
幅:61mm
厚さ:10.6mm
約128g
ARROWS V F-04E4.7インチ高さ:129mm
幅:65mm
厚さ:10.8mm
約152g
ARROWS ef約4.3インチ高さ:127mm
幅:62mm
厚さ:10.7mm
約139g
ARROWS Me約3.7インチ高さ:119mm
幅:60mm
厚さ:10.8mm
約115g
ARROWS A 101F4.3インチ高さ:130mm
幅:64mm
厚さ:9.9mm
約138g
ARROWS X F-10D4.6インチ高さ:135mm
幅:67mm
厚さ:11.7mm
約152g
ARROWS Z ISW13F約4.6インチ高さ:135mm
幅:67mm
厚さ:10.6mm
約143g
ARROWS μ約4.0インチ高さ:127mm
幅:64mm
厚さ:6.7mm
約105g
ARROWS ES約4.0インチ高さ:127mm
幅:64mm
厚さ:6.7mm
約105g
ARROWS X LTE4.3インチ高さ:129mm
幅:64mm
厚さ:9.8mm
約124g
ARROWS Z約5.0インチ高さ:140mm
幅:71mm
厚さ:10.1mm
約149g
ARROWS Kiss F-03D3.7インチ高さ:121mm
幅:59mm
厚さ:10.9mm
約120g

こうして見ると、arrowsのスマホは他社のものと比べて軽いことが分かります。

最近のスマホは200g前後であることも多い中、arrowsは最も重いモデルでも170g前後です。

また、6.5インチを超える超大画面モデルもarrows 5Gのみとなっています。

手の小さい日本人でも扱いやすいサイズになっているのは日本メーカーらしい特徴ですね。

アイコン
最近の重たいスマホが苦手という方はarrowsスマホをチェックしてみてはいかがでしょうか。

arrowsシリーズのメリット・デメリット

arrowsシリーズのメリット・デメリット

最後に、arrowsシリーズのメリット・デメリットを見ていきます。購入を検討する際の参考にしてくださいね。

arrowsシリーズのメリット
  • 安価なモデルが豊富
  • 防水や耐衝撃性能といった安心機能が充実
  • ジュニアやシニアのスマホデビューにも最適
arrowsシリーズのデメリット
  • 高性能なハイエンドモデルが少ない
  • 通信キャリアからしか購入できない

メリット1:安価なモデルが豊富

arrowsのスマホは比較的価格の安いエントリーモデルやミドルレンジモデルが多いです。

安価ではあるものの、ライトユーザーなら十分な性能が揃っている点がarrowsシリーズの大きな魅力だと言えます。

むしろ、必要十分な性能で価格が安いので、「スマホはそこまで使わないしあまりお金をかけたくない」という方にはおすすめです。

メリット2:防水や耐衝撃性能といった安心機能が充実

arrowsシリーズは日本のメーカーが作っていることもあり、防水や耐衝撃性能は比較的高いです。

例えば、arrowsのスマホは泡ハンドソープによる丸洗いやアルコール除菌に対応しています。

高い防水性能があってこその機能ですね。衛生面に気を付けたい方にもおすすめです。

また、多くのarrowsスマホは米軍のMIL規格に対応しています。これは耐衝撃、防水防塵の他に温度変化や塩水への耐性が含まれる規格です。

アイコン
スマホを落としやすいお子さんや農作業などの屋外作業が多い方も安心して使えるスマホですね。

かなり過酷な環境にも耐えられる性能を備えているため、普段づかいで壊れてしまうということはめったにないでしょう。

メリット3:ジュニアやシニアのスマホデビューにも最適

arrowsのスマホにはスマホ初心者でも安心して使いやすい機能が充実しています。

詐欺対策や迷惑電話対策の機能が揃った端末もあり、犯罪やトラブルの被害を未然に防ぐことが可能です。

また、ジュニアモードを設定すればスマホの利用時間などを制限できるため、お子さんのスマホの使いすぎも防止できます。

さらに、設定した番号に直接発信できる短縮ダイヤル機能も搭載。シニア向けのかんたんスマホのように使うことができます。

アイコン
arrowsスマホの多くに搭載されているシンプルモードを使えば、文字などを大きく表示して操作を簡単にすることもできます。

このようにスマホに慣れていない方でも安心して使える機能が充実しているため、スマホデビューの機種としてもarrowsはおすすめです。

デメリット1:高性能なハイエンドモデルが少ない

これは特に最近のarrowsシリーズの特徴ですが、高性能なハイエンドモデルはあまり登場していません。

エントリーモデルやミドルレンジモデルが中心なので、どうしても他社のハイエンドモデルと比べると性能は劣ってしまいます。

ミドルレンジモデルであればSNSやWebブラウジングはできますが、ゲームメインで使うには性能が足りません。

エントリーモデルの場合は、SNSやWebブラウジングでもカクつきが起こることがあります。

アイコン
カメラなども他社製品より性能が低いものが多いため、より高性能なモデルが欲しい方には、あまりarrowsシリーズはおすすめできません。

安価なスマホが多い点はarrowsシリーズの魅力でもありますが、ハイエンドモデルが欲しい方は他社製品を中心に検討することをおすすめします。

デメリット2:通信キャリアからしか購入できない

2024年現在、arrowsシリーズのスマホは通信キャリアからしか発売されていません。

家電量販店やECサイトで気軽に購入できないため、この点を大きなデメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。

FCNTからの直販モデルもないため、arrowsスマホは全てキャリア版ということになります。

キャリア版のスマホは購入先以外のキャリアの回線が使いにくい仕様になっていることもあるため、複数回線を利用したい方にもarrowsスマホはあまりおすすめできません。

アイコン
一方で、キャリアでは回線契約と同時に購入することで割引が受けられることも多く、価格の面で言えばメリットと捉えることもできますね。

arrowsスマホはライトユーザーやスマホ初心者におすすめ

arrowsのスマホは比較的価格の安いモデルが多いことが特徴です。

その分性能もハイエンドモデルに比べれば控えめですが、ライトユーザーなら必要十分だと感じられるでしょう。

また、スマホにあまり慣れていない方でも安心して使える機能が充実しているため、スマホデビューの方にもおすすめです。

防水性能や耐衝撃性能の高さ、取り回しの良さは日本のメーカーならではの魅力です。

普段づかいしやすくて価格の安いスマホが欲しいという方は、arrowsのスマホをチェックしてみてはいかがでしょうか。