iPhone15とiPhone14の違いは6つ!どっちがいいか比較してみた

iPhone15とiPhone14の違いをまとめました。CPUや充電端子、カメラ性能、Dynamic Islandの有無、カラーバリエーションなど、気になる項目を詳細に解説!iPhone15とiPhone14のどちらを購入しようか迷っている人は必見です。
  • 2024.1.29
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024.1.29に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
iPhone15とiPhone14を比較|違いは6つ!どっちがおすすめ?

iPhone15とiPhone14の違いは以下の6つです。

iPhone 14とiPhone 15の違い:フロント

iPhone 14とiPhone 15の違い:背面

iPhone 14とiPhone 15の違い:底面

2023年9月13日のAppleイベントiPhone15が発表されました。

iPhone15が発売されたことでiPhone14が値下げされたため、iPhone14とiPhone15のどちらを購入するか迷っている人も多いのではないでしょうか。

最初はiPhone15の機種変更キャンペーンを使って購入を検討していた人も、「性能がそんなに変わらないならiPhone14を購入しようかな」と考えている人もいるでしょう。

iPhone15は新機能などが追加されたことで、より使いやすいスマホへとアップデートしています。

iPhone 15

iPhone15の詳細を表示する
iPhone 15のスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ128GB
256GB
512GB
カラーブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ブラック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6 mm
厚さ:7.80 mm
重さ171 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
インカメラ1,200画素
バッテリービデオ再生:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
高速充電約30分で最大50%充電
OSiOS 17
SoCA16 Bionicチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
iPhone 15の価格
ドコモ128GB:149,490円
256GB:172,040円
512GB:212,300円
公式サイトを見る
au128GB:145,640円
256GB:166,780円
512GB:206,930円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:142,920円
256GB:166,320円
512GB:206,640円
公式サイトを見る
楽天モバイル128GB:131,800円
256GB:153,800円
512GB:187,800円
公式サイトを見る
Apple Store128GB:124,800円
256GB:139,800円
512GB:169,800円
公式サイトを見る

本メディアが行った独自アンケート「iPhone 15に関する購入意識調査」では、76%以上の人がiPhone15シリーズを「期待通り」と回答しました。

iPhone 15シリーズは期待通りでしたか?

すでに大きな注目を集めているため、購入を考えている人はiPhone15の在庫・入荷情報を確認しておきましょう。

iPhone14とiPhone15はどっちがいい?

iPhone15のカラーバリエーション

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – 仕様 – Apple(日本)

iPhone15とiPhone14のどちらを購入するか迷っている人は、下記のポイントを判断材料にして購入しましょう。

iPhone15がおすすめの人
  • 新型iPhoneが欲しい人
  • USB-Cの充電ケーブルが使いたい人
  • 写真・動画をより高画質で撮影したい人

iPhone15はA16 Bionicを搭載した高性能モデルです。

iPhone14よりさらに高性能なので、3Dゲームなど負荷が大きいアプリもサクサク動かすことができます。

Dynamic Island搭載などiPhone14にはない機能も備わっているので、最新機能を使いたいならiPhone15を検討しましょう。

またカメラ性能もアップしているので、写真撮影にこだわりがある人にもおすすめです。

iPhone14がおすすめの人
  • 使いやすければ最新モデルにこだわらない人
  • 少しでも安く高性能なiPhoneが欲しい人

一方、最新モデルにこだわらない人は、iPhone14の購入を検討してみても良いでしょう。

iPhone14も十分高性能なスマホであり、負荷が大きいアプリも全く問題なく操作可能です。ゲームもサクサク快適にプレイできますよ。

またiPhone15の発表後には、iPhone14の価格が7,000円値下げされました

iPhone15より安く手に入れられるので、少しでも安くiPhoneを買いたい人はiPhone14をチェックしてみてください。

iPhone15とiPhone14の基本スペックを比較

iPhone15とiPhone14の基本スペックを比較
iPhone15とiPhone14の基本スペックを一覧にまとめました。

モデルiPhone15iPhone14
ストレージ128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
画面サイズ6.1インチ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6 mm
厚さ:7.80 mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.8mm
重さ171g172g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
メイン:1,200万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200画素1,200画素
バッテリービデオ再生:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
ビデオ再生:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
高速充電約30分で最大50%充電約30分で最大50%充電
CPUA16 BionicチップA15 Bionic
認証Face IDFace ID
防水IP68等級IP68等級
端子USB-CコネクタLightning
カラーブラック
ブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ミッドナイト
パープル
スターライト
(PRODUCT) RED
ブルー
イエロー

画面サイズやバッテリー駆動時間、認証機能、防水性能などに違いはありません

デザインも大きく変更された部分はなく、iPhone15の本体サイズや重量がわずかに変わっただけです。

しかしiPhone15にはiPhone14から変わった点が6つあり、より高性能で使いやすいモデルへと進化しています。

iPhone 15シリーズ比較表

iPhone15とiPhone14の違いは6個!

iPhone15とiPhone14の違い

iPhone15とiPhone14の違いは以下の6つです。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

違い1:iPhone15にはA16 Bionicが搭載

iPhone14とiPhone15では、搭載されているCPUが違います。

iPhone14とiPhone15のCPU
  • iPhone14:A15 Bionic
  • iPhone15:A16 Bionic

iPhone14に搭載されているCPUはA15 Bionicですが、A15 BionicはiPhone13シリーズやiPhoneSE(第3世代)にも搭載されているものです。

処理性能は非常に高く、1秒間に15.8兆回の演算を行うことができます。

アイコン
負荷の大きいデータも高速で処理することができます。

またGPU性能も高いので、ゲームなどの動きが速い映像もなめらかに映し出すことが可能です。

一方iPhone15に搭載されているA16 Bionicは、iPhone14の上位モデルに搭載されていたものにあたります。

A15 Bionicより約7%演算が高速になり、1秒間に17兆回の演算が可能です。

重たいゲームや画像編集を行う人は、より高性能なiPhone15を利用した方が快適に使えるでしょう。

違い2:充電端子がUSB-Cに変更された

iPhone 14とiPhone 15の違い:底面

iPhone15では、iPhoneシリーズで初めて充電端子が変更されました。

iPhone14とiPhone15の充電端子
  • iPhone14:Lightning
  • iPhone15:USB-C

これまでのiPhoneには、Appleが開発した独自規格の「Lightning」に対応した充電端子が搭載されています。

しかしAppleの対応製品以外でLightningが使える機器がなかったため、さまざまな機器に対応しているUSB-Cへの対応を望む声が多く出ていました。

また欧州連合(EU)では、2024年度以降に発売するデジタル機器の充電端子にUSB-Cを搭載することを義務付けています。

そういった経緯もあり、iPhone15以降のモデルの充電端子はUSB-Cを搭載することになりました。

USB-Cに対応したことで充電ケーブルの共有が可能となり、充電ケーブルを何種類も持つ必要がなくなります。

違い3:メインカメラが4,800万画素数にアップ

iPhone 14とiPhone 15の違い:背面

iPhone15はカメラ性能も向上しました。

iPhone14とiPhone15のカメラ性能
  • iPhone14:1,200万画素(メイン)+1,200万画素(超広角)
  • iPhone15:4,800万画素(メイン)+1,200万画素(超広角)

カメラレンズはメインと超広角のデュアル構成であることに違いはありませんが、iPhone15のメインカメラには4,800万画素カメラが搭載されています。

これにより超高解像度での撮影が可能に。細部のディテールまで映し出してくれます。

高画質のまま拡大印刷できるのもうれしいですね。

アイコン
なお、4,800万画素で撮影するにはProRAWに切り替えて必要があります。

また、ポートレートモードも進化しました。

被写体を認識すると自動でポートレートモードに切り替わるのでボタン操作の必要がありません。

さらにポートレートは撮影後に調整することも可能になりました。

複数人で写真を撮るときは、ピントを合わせたい人物を選択してボケ味を調整できます。

違い4:Dynamic Islandが搭載

iPhone 14とiPhone 15の違い:フロント

iPhone14には搭載されなかったDynamic Islandも、iPhone15には搭載されています。

Dynamic Islandの搭載有無
  • iPhone14:非搭載
  • iPhone15:搭載

Dynamic Islandとは、ディスプレイ上部のパンチホール部分にある表示スペースのことです。

iPhone14の上位モデルから搭載されました。

iPhone 15 Dynamic Island

画像引用元:iPhone 15 features: What the early rumors say

Dynamic Islandには、通知やアプリの状態を表示させることが可能です。

Dynamic Islandを利用することで、逐一起動中のアプリの画面を表示させなくてもアプリを操作できるようになります。

Dynamic Islandで可能なこと
  • 音楽や動画アプリの一時停止や早送り
  • 充電・Face IDのナビゲーション表示
  • 地図アプリのルート案内
  • タイマー表示
  • 交通系ICカード利用時の残高表示

他にもさまざまなアプリがDynamic Islandに対応しており、アプリをバックグラウンドにしたまま操作できます。

またDynamic Islandが搭載されたことで、画面上部にあったノッチが廃止され、画面の表示スペースが増えました。

違い5:ディスプレイ輝度が向上

iPhone14とiPhone15では、ディスプレイの輝度も違います。

iPhone14とiPhone15のディスプレイ輝度
  • iPhone14:最大輝度800ニト
  • iPhone15:最大輝度1,000ニト/ピーク輝度2,000ニト(屋外)

ディスプレイの種類はどちらも同じSuper Retina XDRディスプレイです。

しかしiPhone15の方がピーク輝度が高く、映像を明るく映し出してくれます

屋外でも高輝度で表示することが可能です。太陽の下での明るさは、iPhone14と比べてなんと最大2倍

どこにいても画面がくっきりと見えるので、動画もゲームも快適に操作できますよ。

違い6:iPhone15のカラバリは5種類

iPhone15/15Plusのカラー
iPhone14の色は、iPhone15のカラーバリエーションと異なります。

iPhone14のカラーバリエーション
  • ブルー
  • パープル
  • イエロー
  • ミッドナイト
  • スターライト
  • (PRODUCT)RED
iPhone15のカラーバリエーション
  • ピンク
  • イエロー
  • グリーン
  • ブルー
  • ブラック

iPhone14のカラーバリエーションは6色だったのに対し、iPhone15は5色のバリエーションです。

(PRODUCT)REDが追加されなかったため、バリエーションが1つ少なくなっています。

iPhone15のカラーはパステルカラーになり、淡く優しい色味のカラーが揃っています。

新色ピンクも追加されました。

iPhone15は処理性能やカメラ性能が進化!

iPhone15にはiPhone14の上位モデルと同じA16 Bionicが搭載されているため、iPhone14よりも処理性能が向上しています。

演算処理がさらに高速になり、負荷が大きいアプリもサクサク快適に操作可能です。

またカメラ性能も大きく進化。メインカメラでは4,800万画質の超高解像度撮影が可能です。

細部まで鮮明に映し出すことができ、より美しい写真を撮れるようになりました。

最も大きく変わったのは充電規格です。

iPhone15では待望のUSB-Cに対応しており、他のデジタル機器と充電ケーブルの共有が可能になりました。

iPhoneの買い替えを検討している人は、ぜひiPhone15の購入を検討してみましょう。