ソフトバンク新機種一覧|発売予定の最新モデルを徹底解説【2023年春夏~秋冬】

ソフトバンクの2023秋冬・春夏モデルの情報をまとめて紹介!ソフトバンクの最新機種にお得に機種変更する方法もあわせて解説しています。機種変更時に使える強力なクーポンの入手方法なども掲載。ソフトバンクの最新機種が気になっている人は参考にしてくださいね。
  • 2023.12.26
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023.12.26に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
ソフトバンク新機種一覧|発売予定の最新モデルを徹底解説

ソフトバンクで機種変更を検討している人の中には、発売されたばかりの新機種を購入したいという方も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクスマホには、5月から7月にかけて発売される春夏モデルと、9月から12月に発売される秋冬モデルがあります。

この記事ではソフトバンクで発売されている新機種、発売予定の最新モデルを解説していきます。

結論から書くと、ソフトバンク新機種一覧は以下の通りです。

【2023年春夏モデル】ソフトバンク新機種

本記事では各機種の発売日や特徴のほか、ソフトバンクで最新機種にお得に機種変更する方法についても解説していきます。

ソフトバンクで機種変更を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソフトバンク新機種一覧【2023年秋冬モデル】

ソフトバンク新機種一覧【秋冬モデル】

それでは早速ソフトバンクの2023年秋冬モデルを紹介していきます。

機種名発売日
iPhone 15 Pro2023年9月22日
iPhone 15 Pro Max
iPhone 15
iPhone 15 Plus
OPPO Reno10 Pro 5G2023年10月6日
Google Pixel 82023年10月12日
Google Pixel 8 Pro
AQUOS wish32023年10月13日
Xiaomi 13T Pro2023年12月8日
motorola razr 40s2023年12月8日

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Proは2023年9月22日に発売されました。

本体の素材にチタンを採用したことで、重量の軽量化に成功。

これまでのProモデルのiPhoneには「サイズの割に重い」というデメリットがあったため、この点は大きな進化と言えます。

iPhone 15 Proの評価
総合評価4.4点
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15 Proのスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6 mm
幅:70.6 mm
厚さ:8.25 mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200画素
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
RAM8GB
OSiOS 17
CPUA17 Proチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • チタン素材採用で軽量化
  • 充電端子がUSB-C
  • アクションボタンが新登場
デメリット
  • カラーバリエーションが寂しい
  • カメラユニットが大きい

従来のiPhoneとは違い、充電端子がUSB-Cになりました。

これにより、他のデバイスと同じケーブルが使えたり、USB-C端子の周辺機器を直接挿して使ったりできるようになっています。

一方、カメラユニットはこれまでのモデルと同じく大きめです。ケース無しだと、机に置いたときにがたつきやすいといったデメリットがあります。

iPhone 15 Proの価格

iPhone 15 Proの価格
ドコモ128GB:192,060円
256GB:218,790円
512GB:255,090円
1TB:291,830円
公式サイトを見る
au128GB:185,860円
256GB:211,930円
512GB:248,560円
1TB:285,420円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:185,760円
256GB:211,680円
512GB:248,400円
1TB:285,120円
公式サイトを見る
楽天モバイル128GB:179,800円
256GB:205,800円
512GB:240,900円
1TB:276,800円
公式サイトを見る
Apple Store128GB:159,800円
256GB:174,800円
512GB:204,800円
1TB:234,800円
公式サイトを見る

ソフトバンクでの本体価格は約18万円~とかなり高額です。

購入を検討している人は、新トクするサポートを利用してお得に買い替えましょう。

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Pro Maxは2023年9月22日に発売されたiPhone 15シリーズの最上位モデルです。

SoCにA17 Proチップを搭載しています。

このチップはグラフィック性能がかなり高いことが特長です。PC向けのゲームもプレイできる性能を持っています。

A17 ProチップはiPhone 15 Proにも搭載されていますが、iPhone 15 Pro Maxはディスプレイが大きいため、よりゲームに適したモデルです。

iPhone 15 Pro Maxの評価
総合評価4.5点
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15 Pro Maxのスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ256GB
512GB
1TB
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:159.9 mm
幅:76.7 mm
厚さ:8.25 mm
重さ221 g
アウトカメラメイン:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素(5倍望遠)
インカメラ1,200万画素
バッテリービデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電約30分で最大50%充電
RAM8GB
OSiOS 17
SOCA17 Proチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • A17 Proチップ採用で高性能
  • 大画面でゲームも快適
  • 5倍望遠カメラを採用
デメリット
  • サイズが大きいので取り回しは良くない
  • 5倍までのズーム性能が弱い

iPhone 15 Pro Maxは5倍ズームが可能な望遠カメラを搭載しています。

これまで以上に遠くを撮影することができますよ。

ただし、5倍までのズームは標準カメラをデジタルズームしているため、画質がそこまで良くありません。この点には注意が必要です。

iPhone 15 Pro Maxの価格

iPhone 15 Pro Maxの価格
ドコモ256GB:236,940円
512GB:273,680円
1TB:305,910円
公式サイトを見る
au256GB:230,360円
512GB:267,100円
1TB:303,850円
公式サイトを見る
ソフトバンク256GB:229,680円
512GB:266,400円
1TB:293,040円
公式サイトを見る
楽天モバイル256GB:229,680円
512GB:266,400円
1TB:293,040円
公式サイトを見る
Apple Store256GB:189,800円
512GB:219,800円
1TB:249,800円
公式サイトを見る

iPhone 15シリーズの中では最も価格が高いモデルです。

しかし、新トクするサポートを利用して端末を2年後に返却すれば、半額程度の負担に抑えることができますよ。

iPhone 15

iPhone 15

iPhone 15は2023年9月22日に発売されました。

iPhone 15のボディは従来モデルとは違い、マットでサラサラとした質感になりました。

触り心地が良く、指紋も付きにくいというメリットがあります。

また、側面の角部分が滑らかな形状で、持ったときに手に馴染みやすいです。

iPhone15の評価
総合評価4.2点
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15のスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ128GB
256GB
512GB
カラーブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ブラック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6 mm
厚さ:7.80 mm
重さ171 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
インカメラ1,200画素
バッテリービデオ再生:最大20時間
ストリーミング:最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
高速充電約30分で最大50%充電
OSiOS 17
SoCA16 Bionicチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • サラサラになった背面の質感
  • 側面の形状が持ちやすくなった
  • 高画素になったメインカメラ
デメリット
  • リフレッシュレートが60Hz
  • USB-C端子の規格がUSB2.0

メインカメラは1,200万画素から4,800万画素に高画素化。写真の画質も良くなっていますし、2倍ズームも綺麗になりました。

一方でリフレッシュレートは60Hzのままです。競合モデルと比べると滑らかさに欠けています。

iPhone 15の価格

iPhone 15の価格
ドコモ128GB:149,490円
256GB:172,040円
512GB:212,300円
公式サイトを見る
au128GB:145,640円
256GB:166,780円
512GB:206,930円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:142,920円
256GB:166,320円
512GB:206,640円
公式サイトを見る
楽天モバイル128GB:140,800円
256GB:161,800円
512GB:199,800円
公式サイトを見る
Apple Store128GB:124,800円
256GB:139,800円
512GB:169,800円
公式サイトを見る

iPhone 15シリーズの中では最も安く購入できる機種です。

ソフトバンクの新トクするサポートを利用すれば、実質半額程度の負担で購入できますよ。

iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plusは2023年9月22日に発売されました。

基本的にはiPhone 15と同じ性能ですが、ディスプレイサイズが6.7インチと大きいことが特徴です。

しかし、そんな大画面モデルながら重量は201gと控えめ。本体サイズの割には軽いです。

また、本体サイズが大きい分、バッテリー容量も大きく、バッテリー持ちはかなり優秀です。

そのため、大画面で動画を長時間視聴したい方にもおすすめの機種と言えるでしょう。

iPhone 15 Plusの評価
総合評価4.2点
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能5.0
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15 Plusのスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ128GB、256GB、512GB
カラーブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ブラック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80 mm
重さ201 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
インカメラ1,200画素
バッテリービデオ再生:最大26時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大100時間
高速充電約30分で最大50%充電
RAM未発表
OSiOS 17
SOCA16 Bionicチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • 大画面で動画視聴に最適
  • 画面サイズの割に本体が軽い
  • 優秀なバッテリー持ち
デメリット
  • 片手操作は難しい
  • 高倍率のズーム性能は弱い

本体サイズが大きいため、片手操作は難しいです。取り回し重視の方にはあまり向いていない機種ですね。

また、望遠カメラを搭載していないため、高倍率のズーム性能はそれほど高くありません。

iPhone 15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格
ドコモ128GB:168,740円
256GB:190,080円
512GB:230,890円
公式サイトを見る
au128GB:163,490円
256GB:184,850円
512GB:225,360円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:163,440円
256GB:184,320円
512GB:224,640円
公式サイトを見る
楽天モバイル128GB:156,800円
256GB:178,800円
512GB:218,900円
公式サイトを見る
Apple Store128GB:139,800円
256GB:169,800円
512GB:184,800円
公式サイトを見る

iPhone 15より価格が少しだけ高いです。

2年後に買い替えを予定している人は、新トクするサポートを利用しましょう。

OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用元:OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gは2023年10月6日に発売されました。

6.7インチの大画面スマホですが、本体の横幅は74.2mmと細めです。

大画面モデルでも操作性を重視したい方におすすめですね。

OPPO Reno10 Pro 5Gの評価
総合評価3.9点
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス3.5
OPPO Reno10 Pro 5G
発売日2023年10月6日
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ幅:74.2mm
高さ:162.3mm
厚さ:7.9mm
重さ185g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
望遠:3,200万画素
超広角:800万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,600mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 778G
認証画面内指紋認証
顔認証
防水・防塵性能IP54
カラーシルバーグレー
グロッシーパープル
メリット
  • 大画面ながらスリムなサイズ感
  • 80Wの急速充電
  • ミドルレンジモデルながら高性能なカメラ
デメリット
  • ミドルレンジモデルなので性能はそこそこ
  • 防水防塵がIP54止まり

80Wの急速充電にも対応しています。

28分でフル充電できるとのことなので、朝の支度中に充電しておけば、安心して1日中使えるでしょう。

また、ハイエンドモデルに搭載されるようなカメラセンサーを搭載しているため、カメラ性能もミドルレンジモデルとしては高い点が特徴です。

ただし、あくまでミドルレンジモデルであるため、処理性能はそこまで高くありません。重めのゲームを快適に楽しみたい方にはあまりおすすめできない機種です。

アイコン
防水防塵の等級はIP54なので、防水というよりは防滴レベルの耐水性しかない点にも注意してください。

OPPO Reno10 Pro 5Gの価格

OPPO Reno10 Pro 5Gの価格
ソフトバンク80,640円公式サイトを見る
OPPO公式オンラインショップ86,800円公式サイトを見る

ソフトバンクでの本体価格は約8万円です。

新トクするサポートを活用すれば、実質約2万円で購入することができます。

Google Pixel 8

Google Pixel 8

画像引用元:Google Pixel 8

Google Pixel 8は2023年10月12日に発売されました。

前モデルよりもかなり小型化しており、取り回しが非常に良くなっています。

スマホ全体で見てもコンパクトなサイズ感なので、「スマホは片手で快適に操作したい」という方にもおすすめです。

Google Pixel 8の評価
総合評価3.8点
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能3.5
コストパフォーマンス3.5
Google Pixel 8
発売日2023年10月12日
画面サイズ6.2インチ
本体サイズ幅:70.8mm
高さ:150.5mm
厚さ:8.9mm
重さ187g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー4,575mAh
RAM8GB
ROM128GB
256GB
CPUGoogle Tensor G3
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX8・IP6X
カラーHazel
Obsidian
Rose
メリット
  • 取り回しの良いサイズ感
  • AIを活用したカメラ
  • 7年間のアップデート保証
デメリット
  • 処理性能は競合モデルより低い
  • バッテリー持ちはそれほど良くない

Pixel 8シリーズはAIを活用したカメラが強みです。通常の撮影はもちろん、撮影後の編集もAIがサポートしてくれます。

また、Androidスマホとしては驚異的な7年間のアップデート保証も特徴のひとつです。

Android OSとグーグルピクセルは開発元が同じGoogleであることならではですね。

一方で、処理性能は競合となる他社のハイエンドモデルよりは劣っています。

重めのゲームをしっかりプレイしたい方には物足りない可能性があるでしょう。

アイコン
バッテリー持ちもそれほど良くはないので注意してください。人によっては1日持つかどうか、ギリギリかもしれません。

Google Pixel 8の価格

Google Pixel 8の価格
ドコモ128GB:119,900円公式サイトを見る
au128GB:99,000円
256GB:127,900円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:111,600円
256GB:126,000円
公式サイトを見る
公式ストア128GB:112,900円
256GB:122,900円
公式サイトを見る

ソフトバンクでの本体価格は約11万円です。

高性能スマホとしては比較的リーズナブルな価格ではあります。

Google Pixel 8 Pro

Google Pixel 8 Pro

画像引用元:Google Pixel 8 Pro

Google Pixel 8 Proは2023年10月12日に発売されました。

従来モデルと同じ6.7インチのディスプレイを搭載したモデルです。前作ではエッジ形状だったディスプレイが、今作ではフラットになりました。

これにより、6.7インチの大画面を端までしっかり使えるように進化しています。

また、背面パネルはマット仕上げでサラサラとした質感です。指紋も付きにくくなりました。

Google Pixel 8 Proの評価
総合評価4.1点
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能4.5
バッテリー性能3.5
コストパフォーマンス4.0
Google Pixel 8 Pro
発売日2023年10月12日
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ幅:76.5mm
高さ:162.6mm
厚さ:8.8mm
重さ213g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:4,800万画素
望遠:4,800万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー5,050mAh
RAM12GB
ROM128GB
256GB
512GB
CPUGoogle Tensor G3
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX8・IP6X
カラーObsidian
Porcelain
Bay
メリット
  • フラットな6.7インチの大画面
  • 背面がサラサラとした質感
  • カメラ性能はかなり高い
デメリット
  • 本体サイズがかなり大きい
  • カメラアプリが以前より分かりにくくなっている

カメラ性能が優秀なスマホで、中でもAI活用した音声消しゴムマジックなどは他の機種にはない魅力です。

しかしながら、大画面モデルであるため取り回しはそれほど良くありません。操作性重視の方にはコンパクトな通常モデルがおすすめです。

Pixel 8 Proのカメラはプロ向けに細かい設定ができるようになりました。

しかし、その影響で従来のPixelシリーズのカメラアプリよりも操作が分かりにくくなってしまった点には注意が必要です。

Google Pixel 8 Proの価格

Google Pixel 8 Proの価格
ドコモ256GB:198,000円
512GB:218,680円
公式サイトを見る
au128GB:169,900円
256GB:179,900円
512GB:199,900円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:172,080円
256GB:183,600円
512GB:206,640円
公式サイトを見る
公式ストア128GB:159,900円
256GB:169,900円
512GB:189,900円
公式サイトを見る

ソフトバンクでの本体価格は約17万円~です。

購入する際はいつでも新トクするサポートを活用しましょう。

AQUOS wish3

AQUOS wish3

画像引用元:AQUOS wish3|SHARP

AQUOS wish3はソフトバンクでは2023年10月13日に発売されました。

本体は、幅広い層が受け入れやすいシンプルなデザインです。

従来モデルは側面の物理ボタンが多く、分かりにくいのがデメリットでした。しかし、今作では他機種と同程度の数に減っています。

「電源を切るにはどのボタンを押せばいいの?」といった悩みが減ったことは大きなメリットですね。

AQUOS wish3の評価
総合評価3.4点
カメラ性能3.0
処理性能4.0
画面性能3.0
バッテリー性能3.0
コストパフォーマンス4.0
AQUOS wish3
発売日2023年7月6日
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
重さ約161g
アウトカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3,730mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Dimensity 700
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX5/7・IP6X
カラーグリーン
ホワイト
ブラック
メリット
  • シンプルで親しみやすいデザイン
  • 物理ボタンの数が減って分かりやすくなっている
  • microSDカードが使える
デメリット
  • 処理性能は必要最低限
  • カメラは広角の1つだけ

最近のスマホはmicroSDカードを使えない機種が多いですが、AQUOS wish3はしっかり対応しています。

ただし、エントリーモデルなので処理性能はあまり高くありません。SNSやWebの閲覧、通話など必要最低限の用途の方におすすめの機種です。

また、カメラも広角の1つだけなので、様々な画角で写真を撮りたい方にもあまり向いていません。

AQUOS wish3の価格

AQUOS wish3の価格
ドコモ37,863円公式サイトを見る
ソフトバンク25,920円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700 円 公式サイトを見る
ワイモバイル25,920円公式サイトを見る
イオンモバイル36,080円公式サイトを見る
mineo32,472円公式サイトを見る
QTmobile36,960円公式サイトを見る

ソフトバンクでは約3万円で販売されています。

新トクするサポートを適用すれば実質約2万円になり、さらにお得ですよ。

Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13 T

Xiaomi 13T Proは2023年12月8日に発売されたXiomiのハイエンドスマホです。

大きなディスプレイは、画面輝度が最大2,600ニトと高く、屋外の直射日光下でも画面の視認性が損なわれません。

また、急速充電も最大120Wとかなり高く、0%からでもわずか19分でフル充電できてしまいます。

Xiaomi 13T Proの評価
総合評価4.5点
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
Xiaomi 13T Pro
発売日2023年12月8日
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ幅:76mm
高さ:162mm
厚さ:8.6mm
重さ200g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,050万画素
バッテリー4,575mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUMediaTek Dimensity 9200+
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX8・IP6X
カラーアルパインブルー
メドウグリーン
ブラック
メリット
  • 最大2,600ニトの明るいディスプレイ
  • 120Wの急速充電
  • 高いカメラ性能
デメリット
  • サイズが大きいので取り回しは良くない
  • 120W充電は専用充電器が必要

メインカメラには1/1.28インチの大型センサーが搭載されており、描写力がかなり高いです。

また、被写体をAIが自動認識して最適な画像処理を行う技術も備えているため、シャッターを切るだけで綺麗な写真を撮ることができます。

カメラ性能が高いスマホなので、写真をよく撮る方におすすめです。

一方で本体サイズが大きいので、取り回し重視の方にはあまり向いていません。

また、120Wの急速充電機能は付属の専用充電器でしか利用できない点にも注意が必要です。

Xiaomi 13T Proの価格

Xiaomi 13T Proの価格
ソフトバンク114,480円公式サイトを見る
Xiaomi公式オンラインショップ109,800円公式サイトを見る

Xiaomi 13T Proの販売価格は114,480円。

新トクするサポートを利用すれば、なんと実質約2万円で購入できます。

ハイエンドスマホの中でもリーズナブルな価格設定なので、高性能かつコスパの良いスマホが欲しい人はぜひ購入を検討してみてください。

motorola razr 40s

motolora razr 40s

画像引用元:motolora razr 40s

motorola razr 40sは、2023年12月8日に発売されました。

6.9インチの大型ディスプレイを半分に折りたたむことができ、コンパクトに持ち歩けるのが魅力です。

また背面には1.5インチの有機ELディスプレイを搭載。

折りたたんだままでも時間や通知の確認などの操作ができて便利です。

razr 40の評価
総合評価3.9点
カメラ性能3.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
motorola razr 40
発売日2023年11月20日
画面サイズ開いた状態:6.9インチ
閉じた状態:1.5インチ
本体サイズ開いた状態:170.82×73.95×7.35mm
閉じた状態:88.24×73.95×15.8mm
重さ188g
アウトカメラ広角カメラ:6,400万画素
超広角カメラ:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,200mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 7 Gen 1
認証指紋、顔
防水・防塵性能IP52
カラーセージグリーン
バニラクリーム
メリット
  • 6.9インチの大型ディスプレイが手のひらサイズに折りたためる
  • サブディスプレイ搭載で折りたたんだ状態でも操作できる
  • クワッドピクセルテクノロジーを搭載したカメラで明るい写真が撮影できる
  • ステレオスピーカー搭載で音質もキレイ
デメリット
  • イヤホンジャック非搭載
  • microSDカードが使えない

motorola razr 40sは、Snapdragon 7 Gen 1を搭載したミドルレンジモデルです。

普段づかいに十分なスペックを持っているため、スマホの主な用途がSNSやWebページの閲覧、動画視聴などであれば快適に使用できるでしょう。

メモリも8GBあるので、複数のアプリを起動しても快適に動作します。

またカメラ性能が高く、メインカメラでは6,400万画素の高画質で撮影可能です。

1,300万画素の超広角・マクロカメラも搭載しているので、ワイド撮影やマクロ撮影にも対応できます。

また、カメラにはクワッドピクセルテクノロジーが搭載されており、多くの光を取り込めるのもポイントです。

薄暗い屋内や夜景も明るく鮮明に撮影できますよ。

ミドルレンジモデルの中では価格が高めなのがネックですが、折りたたみスマホの中では比較的安価で購入できます。

折りたたみスマホに興味がある人は、ぜひmotorola razr 40sをチェックしてみてください。

motorola razr 40sの価格

motorola razr 40の価格
モトローラ公式サイト125,800円公式サイトを見る
ソフトバンク121,680円公式サイトを見る
IIJmio95,800円
のりかえ価格:79,800円
公式サイトを見るIIJmio

motorola razr 40sの本体価格は約12万円と高額ですが、ソフトバンクなら新トクするサポートが利用できます。

端末を返却すれば最大24回分の支払いが不要になり、実質約3万円で購入可能です。

ソフトバンク新機種一覧【2023年春夏モデル】

ソフトバンク新機種一覧【春夏モデル】

ソフトバンクの2023春夏モデルの発売時期や特徴について解説していきます。

機種名発売日
Google Pixel 7a2023年5月11日
Xperia 1 V Gaming Edition2023年6月16日
Xperia 10 V2023年7月6日
AQUOS R8 pro2023年7月20日
Google Pixel Fold2023年7月27日

Pixel 7aが5月11日に発売され、その他の機種は6月から7月にかけて発売されました。

Google Pixel 7a

Google Pixel 7a

画像引用元:Google Pixel 7a

Google Pixel 7aは、Google Pixel 7シリーズの廉価モデルです。

Google Pixel 7/7 Proと同じCPUを搭載していますが、価格が安いのが特徴。

ソフトバンクでは79,920円で販売されており、新トクするサポートを利用すれば22,008円で購入することが可能です。

高性能スマホが格安で手に入るので、コスパ重視の人はぜひ購入を検討しましょう。

Google Pixel 7aの評価
総合評価3.9点
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能3.0
コストパフォーマンス4.5
Google Pixel 7a
発売日2023年5月11日
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ幅:72.9mm
高さ:152mm
厚さ:9mm
重さ193.5g
アウトカメラ広角:6,400万画素
超広角:1,300万画素
インカメラ1,300万画素
バッテリー4,385mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX7・IP6X
カラーCharcoal
Snow
Sea
Coral※オンライン限定
メリット
  • 廉価モデルながらハイエンド並みの性能
  • 機械学習を活用したカメラが優秀
  • おサイフケータイや防水防塵にしっかり対応
デメリット
  • 6.1インチの割に重い
  • 画面周囲のベゼルが太め
  • SDカード非対応

Google Pixel 7aのCPU

Google Pixel 7aのCPUは、Google Pixel 7と同じGoogle Tensor G2を搭載しています。

Google Tensor G2はGoogleが独自開発したCPUで、高い処理能力を誇ります。

負荷の大きいデータも高速で処理することができ、サクサク快適に操作が可能です。

アイコン
Snapdragon 8 Gen 2と比べると性能はやや落ちますが、3Dゲームをしない人であれば十分快適に使うことができるでしょう。

Google Pixel 7aのカメラ

Google Pixel 7aのカメラは、広角と超広角のデュアル構成

AIを活用したGoogle独自の画像処理技術により、高精細で美しい写真を撮影できます。

薄暗い場所でも明るくきれいな写真に仕上げることができ、夜景モードでは星空も捉えることが可能です。

アイコン
またボケ補正や消しゴムマジック、シネマティックぼかしなど、カメラ機能も充実しています。

Google Pixel 7aのバッテリー

バッテリーは4,385mAhと大容量。

バッテリー持ちが良く、24時間以上の連続使用が可能です。

スーパーバッテリーセーバーを有効にすれば最大72時間持続するので、バッテリー持ちを気にせずたっぷり使うことができますよ。

Google Pixel 7aの価格

Google Pixel 7aの価格
ドコモ75,350円公式サイトを見る
au63,890円公式サイトを見る
ソフトバンク79,920円公式サイトを見る
公式ストア62,700円公式サイトを見る

ソフトバンクでの販売価格は約7万円。

廉価モデルのため、価格は控えめです。

Xperia 1 V Gaming Edition

Xperia 1 V Gaming Edition

画像引用元:Xperia 1 V Gaming Edition

Xperia 1 V Gaming Editionは、2023年6月16日に発売されました。

Xperia 1 V Gaming Editionは、専用ゲーミングギア「Xperia Stream」がセットになったソフトバンク限定の商品

ゲーミングギアは本体に装着することで高品質なライブ配信が可能です。

また本体の温度上昇を抑えるため、パフォーマンス性能を維持しながらゲームを長時間プレイできます。

アイコン
eスポーツのプロリーグで公式ゲーミングギアとして採用されている高性能デバイスなので、スマホで本格的にゲームを楽しみたい人はぜひ購入を検討しましょう。

Xperia 1 Vの評価
総合評価4.4点
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
Xperia 1 V
発売日2023年6月16日
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:165mm
厚さ:8.3mm
重さ187g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB/16GB
ROM256GB/512GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵性能IPX5/8・IP6X
カラーブラック
プラチナシルバー
カーキグリーン(SIMフリー特別色)
メリット
  • 最新のSnapdragon 8 Gen 2を搭載
  • カメラに世界初の2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーを搭載
  • ハイエンドモデルとしては重量が控えめ
デメリット
  • 顔認証に対応していない
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載機の中では発熱しやすい
  • 気軽に写真を撮りたい人にはあまり向いていない

Xperia 1 VのCPU

Xperia 1 Vは、Snapdragon 8 Gen 2を搭載したハイエンドモデルです。

処理能力が高く、3Dゲームもサクサク快適にプレイすることができます。

Xperia 1 Vのゲーム性能とサウンド

またゲーム専用機能の「ゲームエンハンサー」も備わっているため、ゲーム中の画面や通知設定などを自由にカスタマイズ可能

ゲームに集中できる環境を簡単に構築できるので、ゲーミングスマホが欲しい人にも最適なモデルです。

さらに高性能フルステージステレオスピーカーを搭載しているため、臨場感あふれるサウンドが楽しめるのもポイント。

ゲームや動画を迫力あるサウンドで盛り上げてくれますよ。

Xperia 1 Vのカメラ

Xperia 1 Vはカメラ性能も非常に高いです。

広角・超広角・望遠のトリプルレンズ構成で、あらゆるシーンに対応できます。

望遠カメラはペリスコープ望遠が搭載されていて、ズームしても画角がブレることなく被写体を鮮明に写し出すことが可能です。

アイコン
すべてのレンズにはリアルタイム瞳AFなど高精度AFを備えており、瞬時に被写体にピントを合わせられます。

動画撮影ではCinematography Proや Videography Proなどの本格撮影機能が使用できるため、スマホ1つで高クオリティの映像作品を作ることができます。

カメラ性能にこだわりたい人も、ぜひXperia 1 Vをチェックしてみてくださいね。

Xperia 1 V Gaming Editionの価格

Xperia 1 V Gaming Editionは198,000円で販売しています。

新トクするサポートを適用すれば実質負担額を約10万円まで抑えられるため、積極的に利用しましょう。

Xperia 10 V

Xperia 10 V

画像引用元:Xperia 10 V

Xperia 10 Vは、2023年7月6日に発売されました。

Xperia 10 Vの評価
総合評価3.9点
カメラ性能3.0
処理性能3.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
Xperia 10 V
発売日2023年7月6日
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ幅:68mm
高さ:155mm
厚さ:8.3mm
重さ159g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
認証指紋
防水・防塵性能IPX5/8・IP6X
カラーラベンダー
セージグリーン
ホワイト
ブラック
メリット
  • 普段使いなら十分な性能
  • 大容量バッテリーを搭載しつつ軽量
  • Xperiaシリーズの中では使いやすいカメラ
デメリット
  • 重めのゲームには性能不足
  • 上下のベゼルが太い
  • 動画性能は今一つ

Xperia 10 VのCPU

Xperia 10 VはSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジモデル。

高性能スマホと比べると処理能力は劣りますが、メール・通話・SNSの使用がメインであれば十分快適に使えます。

Xperia 10 Vのサウンドシステム

Xperia 10 Vの最大の魅力が、高音質フロントステレオスピーカーを搭載していること。

映画や音楽などを聞くときは、臨場感たっぷりのサウンドで楽しむことができます。

イヤホンジャックも備わっており、有線イヤホンがそのまま使えるのもうれしいですね。

またワイヤレスはLDACに対応しており、ハイレゾ相当の音質で音楽を聞くことができます。

スマホで音楽をよく聴く人や動画や映画を迫力のサウンドで楽しみたい人にぴったりなスマホです。

Xperia 10 Vのカメラ

カメラは、広角・超広角・望遠のトリプルレンズ構成

従来モデルよりセンサーサイズが大きくなり、ワイドな写真も望遠写真も高画質で美しく映し出すことができます。

おまかせ機能が備わっており、AIが被写体や撮影環境を自動で判断して最適な設定に変更してくれます。

面倒な設定を行う必要がなく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できるのも便利です。

Xperia 10 Vの価格

Xperia 10 Vの価格
ドコモ79,860円公式サイトを見る
au69,550円公式サイトを見る
ソフトバンク79,920円公式サイトを見る
楽天モバイル72,800円 公式サイトを見る
mineo66,000円公式サイトを見るmineo
UQモバイル69,550円公式サイトを見る
ソニー67,100円公式サイトを見る

ソフトバンクでの販売価格は8万円弱と比較的リーズナブルです。

AQUOS R8 pro

AQUOS R8 pro

画像引用元:AQUOS R8 pro

AQUOS R8 proは、2023年7月20日に発売されました。

AQUOS R8 proの評価
総合評価4.0点
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
AQUOS R8 pro
発売日2023年7月20日
画面サイズ6.6インチ
本体サイズ幅:77mm
高さ:161mm
厚さ:9.3mm
重さ約203g
アウトカメラ4,720万画素
インカメラ1,260万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX6/8・IP6X
カラーブラック
メリット
  • 最新のSnapdragon 8 Gen 2を搭載
  • ライカ監修の1インチセンサーカメラ
  • SHARPのPro IGZO OLEDディスプレイ採用
デメリット
  • 横幅があるので片手操作しにくい
  • カメラは超広角や望遠が非搭載
  • ハイエンドモデルながら背面が樹脂製

AQUOS R8 proのカメラ

AQUOS R8 proは、ライカカメラ社監修の1インチセンサーを備えたカメラを搭載。

進化したAIエンジンによる画像処理で、人物・風景・料理・ペットなど多彩な被写体を美しく撮影できます。

さらに逆光や暗所でもきれいな写真を撮影できるHDR撮影も進化。

高速瞳オートフォーカス・被写体追尾技術も備わっているため、動いている被写体にも瞬時にピントを合わせることが可能です。

AQUOS R8 proの性能

CPUは、最新のSnapdragon 8 Gen 2を搭載。

処理能力が高く、負荷の大きいデータも高速で処理することができます。

3Dゲームや写真編集がサクサク快適にできますよ。

また放熱設計サーモマネジメントシステムも採用。

カメラリングと本体側面から内部の熱を放出するため、高いパフォーマンスを維持できます。

AQUOS R8 proのバッテリー

バッテリーは、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

省エネ効果の高いIGZOディスプレイとの組み合わせたことで、長時間の連続使用が可能です。

AQUOS R8 proのディスプレイ

ディスプレイも非常に高画質で、明るく色鮮やかな映像を映し出すことができます。

最大240Hzのリフレッシュレートに対応しているので、画面操作も快適に行えますよ。

AQUOS R8 proの価格

AQUOS R8 proの価格
ドコモ209,000円公式サイトを見る
ソフトバンク191,520円公式サイトを見る

AQUOS R8 proは約19万円とかなり高額です。

ソフトバンクで購入する際は、新トクするサポートを利用しましょう。

Google Pixel Fold

Google Pixel Fold

画像引用元:Google Pixel Fold

Google Pixel Foldは、Google初の折りたたみスマホです。

7.6インチの大型ディスプレイを折りたたんで持ち歩くことができ、折り畳んだ状態でもすべての機能を使用できます。

大画面で動画やゲームを楽しみたい人・2画面で異なるアプリを操作したい人に最適なモデルです。

Google Pixel Foldの評価
総合評価4.0点
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能3.5
コストパフォーマンス3.5
Google Pixel Fold
発売日2023年7月27日
画面サイズ開いた状態:7.6インチ
閉じた状態:5.8インチ
本体サイズ開いた状態
幅:158.7mm
高さ:139.7mm
厚さ:5.8mm

閉じた状態
幅:79.5mm
高さ:139.7mm
厚さ12.1mm
重さ283g
アウトカメラ広角カメラ:4,800万画素
超広角カメラ:1,080万画素
望遠:1,080万画素
インカメラ950万画素/800万画素
バッテリー4,821mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUGoogle Tensor G2
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX7・IP6X
カラーPorcelain
Obsidian
メリット
  • 7.6インチの大画面をコンパクトに折りたためる
  • マルチタスクに最適なタブレット級大画面
  • 5倍ペリスコープ望遠カメラが優秀
デメリット
  • 重量が重く片手操作は厳しい
  • 内側ディスプレイで顔認証が利用できない
  • 価格が高い

Google Pixel FoldのCPU

Google Pixel FoldのCPUは、Google Pixel 7と同じGoogle Tensor G2を搭載

性能が高く、高負荷なデータも高速で処理することができます。

またRAMの容量が12GBと大きいので、複数のアプリを同時に操作しても動作が重たくならず快適に操作が可能です。

Google Pixel Foldのカメラ

背面カメラは広角・超広角・望遠レンズのトリプル構成

インカメラは、ディスプレイを開いた状態でも閉じた状態でも撮影できるよう、それぞれのディスプレイに1つずつ搭載されています。

背面カメラではGoogle独自の画像処理技術により、明るく鮮明で美しい写真を撮影できます。

さらに最大20倍の超解像ズームが可能で、遠く離れた場所にいる被写体も鮮明に写し出すことが可能です。

超広角カメラでは、121.1度のワイドな写真を撮影可能。

広大な景色や大人数での集合写真も、フレームにすっぽりと収めることができます。

Google Pixel Foldのバッテリー

Google Pixel Foldは、4,821mAhの大容量バッテリーを搭載。

24時間以上の連続使用が可能なので、バッテリー持ちを気にせず1日たっぷり使えます。

Google Pixel Foldの価格

Google Pixel Foldの価格
ドコモ252,890円公式サイトを見る
au253,000円公式サイトを見る
ソフトバンク287,280円公式サイトを見る
公式ストア253,000円公式サイトを見る

ソフトバンクでのGoogle Pixel Foldの価格は約28万円です。

かなり高額なので、ソフトバンクで購入する際は新トクするサポートの利用が必須と言えるでしょう。

ソフトバンク最新機種をお得に機種変更する方法

お金と電卓

ここからは、ソフトバンクで最新機種にお得に機種変更する方法を紹介していきます。

ソフトバンクの機種変更キャンペーンは豊富ですので、ぜひ活用してください。

ソフトバンクでお得に機種変更する方法
  • 新トクするサポート
  • 下取りプログラム
  • 【オンライン限定】U22 オンラインショップ割
  • 【オンライン限定】オンラインショップ割
  • クーポンを利用する

最新機種はどれも非常に性能が高いですが、価格もかなり高くなることが想定されます。

できるだけ安くスマホを手に入れるためにも、割引キャンペーンやクーポンは積極的に活用しましょう。

新トクするサポート

新トクするサポートは、機種を48回の分割払いで購入する際に申し込みできる購入サポートプログラムです。

25ヶ月目以降に特典利用に申し込み&機種を返却すると、残りの分割金の支払いが免除になります。

Google Pixel 7aを新トクするサポートを利用して購入した場合を例に見てみましょう。

Google Pixel 7a
本体価格79,920円
新トクサポート適用時22,008円
公式サイトを見る

Google Pixel 7aの機種代金は79,920円ですが、25ヶ月目に新トクするサポートの特典を利用すれば実質22,008円の負担で購入が可能です。

ソフトバンクで端末のみ購入する時にも適用されます。

高額な機種もお得に手に入れることができるため、最新機種を購入するならぜひ申し込みしましょう。

新トクするサポートの概要
  • 対象機種を48回の分割払いで購入すると加入できる
  • 25ヶ月目以降に特典利用の申し込み&機種返却で残りの支払いが免除される
  • 1年くりあげオプション利用なら2年待たずに特典が利用できる

新トクするサポートの注意点

新トクするサポートの特典を利用するには、ソフトバンクが定める査定を受ける必要があります

返却した機種に以下の不具合が確認された場合、特典が利用できないので注意してください。

  • 電源が入らない
  • 初期化されていない
  • 改造などによりメーカー保証が対象外
  • 筐体が変形している
  • 液晶表示が異常/タッチパネルが動作不良
  • ガラス・筐体が破損している

また査定基準を満たしていないと追加料金が発生する場合もあります。

あんしん保証パックサービスに加入している場合は追加料金が減額になりますが、未加入の場合22,000円の追加料金がかかります

新トクするサポートの特典を利用する予定の人は、機種の取り扱いに気をつけましょう。

下取りプログラム

機種購入時に、お使いのスマホ・タブレットを下取りに出すことができます

特典はPayPayポイントまたは機種代金の割引から選ぶことができ、機種によっては最大58,800円相当の特典がもらえます。

機種買い替えの際に使っていたスマホが不要になる場合は、ぜひ下取りプログラムに申し込みましょう。

下取りプログラムの概要
  • 乗り換え・機種変更時にお持ちの機種を下取りに出すと特典がもらえる
  • 特典はPayPayポイントで還元
  • 店頭で機種購入&下取りに出した場合は機種代金の値引きも選べる

下取りプログラムの注意点

下取り価格は、下取り機種の状態によって異なります。

以下の症状に該当する場合、下取り価格が良品より安くなるので注意してください。

  • ガラス・筐体の破損
  • 液晶表示異常・タッチパネル動作不良
  • 変形

【オンライン限定】U22 オンラインショップ割

22歳以下の人を対象にした割引キャンペーンです。

対象機種をオンラインショップで「新規契約」で購入する場合、機種代金が最大21,984円割引になります。

対象機種が非常に多く、最新機種も対象に含まれています。

これからスマホデビューする22歳以下の人はお得にスマホをゲットできる大チャンスです。

ぜひオンラインショップから申し込みましょう。

【オンライン限定】U22 オンラインショップ割の概要
  • 対象機種の機種代金が最大21,984円割引で購入できる
  • 以下の条件を満たしていること
    ・ソフトバンクオンラインショップで対象機種を購入すること
    ・対象機種購入と同時にソフトバンクで新規に回線を契約すること
    ・契約者または使用者の年齢が22歳以下であること

【オンライン限定】オンラインショップ割

ソフトバンクオンラインショップ限定のお得なキャンペーンです。

他社から乗り換えで申し込みの場合、対象機種が最大21,984円割引で購入できます。

ソフトバンクで販売されているほぼすべての機種が対象に含まれているので、最新機種もお得に購入できます。

他社から乗り換えの際は、オンラインショップから申し込むようにしましょう。

【オンライン限定】オンラインショップ割の概要
  • 対象機種の機種代金が最大21,984円割引で購入できる
  • 以下の条件を満たしていること
    ・ソフトバンクオンラインショップで対象機種を購入すること
    ・対象機種購入と同時にソフトバンクへの乗り換えを申し込むこと

クーポンを利用する

ソフトバンクの機種変更クーポンを利用すると、さらにお得に最新機種を購入できます。

ソフトバンクの機種変更で使えるクーポン
  • MNP引き止めクーポン
    ソフトバンクカスタマーサポートでMNP予約番号を取得する際にもらえる場合がある
  • DMクーポン
    ソフトバンクユーザーに向けてDMやメールで送られてくることがある
  • ウロウロポイント
    My SoftBnakログイン後の解約・MNP転出ページに何度かアクセスするともらえることがある
  • ヤフー限定割引クーポン
    Yahoo!Japanの携帯サイトから申し込みを行うともらえる

クーポンは必ず取得できるとは限りませんが、ゲットできれば1万円以上お得に機種変更できます

機種変更をする前に、クーポンがもらえるか試してみましょう。

ソフトバンク2023年モデルは高性能モデルが15機種ラインナップ

ソフトバンクから2023年に登場した最新機種について解説してきました。

ソフトバンク新機種【2023年秋冬モデル】
  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 15
  • iPhone 15 Plus
  • OPPO Reno10 Pro 5G
  • Google Pixel 8
  • Google Pixel 8 Pro
  • AQUOS wish3
  • Xiaomi 13T Pro
  • motorola razr 40s
ソフトバンク新機種【2023年春夏モデル】
  • AQUOS R8 pro
  • Google Pixel 7a
  • Google Pixel Fold
  • Xperia 10 V
  • Xperia 1 V Gaming Edition

ソフトバンクでは2023年に、15機種のスマホが発売されました。

9月から10月には注目のiPhone 15シリーズとPixel 8シリーズも登場。

処理能力が高いモデルも多いので、3Dゲームをプレイしたい人や画像編集などの高負荷な作業を快適に行いたい人はぜひ購入を検討してみましょう。

またどのスマホもカメラの性能がパワーアップしているため、より美しい写真を撮影することができますよ。

ソフトバンクでスマホの買い替えを検討している人は、ぜひ最新機種をチェックしてみてくださいね。