Galaxy Z Flip5実機レビュー|評判や口コミ、カメラ性能など徹底解説

この記事では、Galaxy Z Flip5を実機レビューしていきます。発売日・価格から、スペックやカメラなどの使ってみないとわからないメリットデメリットを詳しく紹介していきます。実際に使っている人の口コミ、評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 2024.3.26
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024.3.26に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
Galaxy Z Flip5実機レビュー|使ってわかったメリット・デメリットや評判を解説

Galaxy Z Flip5は、人気のGalaxyブランドから登場した折りたたみスマホシリーズの最新モデルです。

6.7インチの大型ディスプレイを半分に折りたたむことができ、手のひらサイズで持ち運べるのが魅力。

さらに背面には3.4インチのカバーディスプレイが搭載されているので、閉じた状態でも操作が可能です。

スペックも非常に高いので、ゲームも思いっきり楽しむことができます。

Galaxy Z Flip5実機レビュー

そんな多くの魅力が詰まっているGalaxy Z Flip5ですが、「折りたたみスマホって実際どうなの?」「使いやすいの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではサムスンからお借りしたGalaxy Z Flip5を実際に使用し、性能や機能についてレビューしていきます。

Galaxy Z Flip5の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

メリット
  • 高性能CPUのSnapdragon 8 Gen 2搭載
  • 大型ディスプレイを折りたたんでコンパクトに収納
  • カバーディスプレイ搭載で折りたたんだ状態でも操作可能
  • 片手でも持ちやすい
  • 最大120Hzの高リフレッシュレート対応
  • ピーク輝度が1,750ニトに向上
  • 高品質なステレオスピーカー搭載
  • 聴覚補助機能を搭載
  • 夜景も明るくキレイに撮影できる
  • セルフィー撮影しやすいフレックスモード搭載
  • 急速充電対応
デメリット
  • 負荷がかかりすぎると発熱する
  • 望遠レンズ非搭載でズーム撮影すると画質が荒くなる
  • イヤホンジャック非搭載
  • 折りたたむことでディスプレイが歪んできてしまう
  • 縦長なデザインは好みが分かれる
  • 防塵非対応
最新スマホはauがお得!
  • 5Gスマホがおトクになるキャンペーン中
  • Galaxy A23 5Gなら最大22,000円割引
  • Galaxy新機種も発売!

Galaxy Z Flip5の発売日・価格

Galaxy Z Flip5

画像引用元:Galaxy Z Flip5

Galaxy Z Flip5の国内モデルの発売日は2023年9月1日です。

サムスン公式オンラインストア・au・ドコモで購入できます。

各ショップでの販売価格は以下の通りです。

Galaxy Z Flip5の価格
ドコモ256GB:160,820円公式サイトを見る
au256GB:154,300円
512GB:179,900円
公式サイトを見る
サムスン公式オンラインストア512GB:161,909円-

ドコモは256GBのみの取り扱いです。

auは256GBと512GBの両方の取り扱いがありましたが、256GBの販売は終了。

512GBモデルはauオンラインショップ限定で販売されています。

サムスン公式オンラインストアでも256GBモデルの販売は終了しており、512GBモデルのみ購入が可能です。

Galaxy Z Flip5をお得に購入するならキャリアがおすすめ

Galaxy Z Flip5はハイエンドモデルなので、価格は約16万円と高額です。

スマホの中でもかなり価格が高い部類に入るため、お得に購入したいならキャリアの購入サポートを利用しましょう

ドコモ・auでは、対象機種を分割払いで購入し期間中に返却することで、残価の支払いが不要になる購入サポートを提供しています。

2年後に機種を返却することで、約10万円でGalaxy Z Flip5を手に入れることが可能です。

キャリア割引適用※時の価格詳細
ドコモ256GB:105,380円公式サイトを見る
au512GB:101,200円公式サイトを見る
※ドコモはいつでもカエドキプログラム適用時、auはスマホトクするプログラム適用時の価格

Galaxy Z Flip5の購入を検討している人は、ぜひドコモ・auからお申し込みください。

Galaxy Z Flip5の基本スペック

Galaxy Z Flip5の基本スペックをまとめました。

Galaxy Z Flip5のスペック
発売日2023年9月1日
ストレージ256GB
カラーミント
グラファイト
ラベンダー
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ【開いた状態】
高さ:165mm
幅:72mm
厚さ:6.9mm
【閉じた状態】
高さ:85mm
幅:72mm
厚さ:15.1mm
重さ187g
アウトカメラ広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,000万画素
バッテリー3,700mAh
OSAndroid 13
SoCSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋、顔
防水IPX8

Galaxy Z Flip5は、最新のCPU「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載しています。

前モデルのパフォーマンス性能と比べてCPUは17%、GPUは25%向上。

前モデルよりさらに高性能になったため、負荷が大きい3Dゲームなどもより快適にプレイできます。

Galaxy Z Flip4から進化したポイント
  • 最新のCPU「Snapdragon 8 Gen 2」搭載で処理性能アップ
  • カバーディスプレイが大型化&解像度アップ
  • メインディスプレイのピーク輝度が1,750ニトに向上

前モデルのGalaxy Z Flip4から進化した最も注目のポイントは、カバーディスプレイの利便性の向上です。

1.9インチしかなかったカバーディスプレイが3.4インチに大型化し、解像度もアップしています。

アイコン
ディスプレイが大型化したことで、スマホを閉じた状態でも動画視聴・マップ表示・音楽再生・メッセージの作成などの操作が行えるようになりました。

Galaxy Z Flip5の外観・デザインを実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機レビュー|使ってわかったメリット・デメリットや評判を解説

ここからはGalaxy Z Flip5の実機を使い、スペックや機能についてレビューしていきます。

まずは外観デザインや本体サイズについて見ていきましょう。

カラーバリエーション

Galaxy Z Flip5のカラーバリエーションは、限定カラーも含めると全5色あります。

自然界からインスピレーションを受けた先進的なカラーをラインナップしたとのことです。

カラーバリエーション
  • ミント
  • グラファイト
  • クリーム
  • ラベンダー
  • グレー
    ※サムスン公式オンラインストア限定カラー

ミント・クリーム・ラベンダーは淡色系で揃えられており、高級感のあるカラーリングです。

グラファイトは黒系のカラー。

シンプルなデザインと高級感のあるカラーリングで、女性にも男性にも持ちやすいデザインに仕上がっています。

フレームやヒンジには、頑丈なアーマーアルミニウムが使われており、前モデルより傷がつきにくくなりました。

またヒンジ部分には耐久性が高いフレックスヒンジが採用されています。

なお、販売会社によって取り扱いカラーが異なります。

キャリアごとの取り扱いカラー
  • サムスン公式オンラインストア:グレー
  • ドコモ:ミント・グラファイト・ラベンダー
  • au:ミント・グラファイト・クリーム

グレーはサムスン公式オンラインストア限定カラーなので、ドコモ・auでは購入できません。

ミント・グラファイトはドコモ・auの両方で購入可能です。

ラベンダーはドコモのみ、クリームはauでのみ購入できます

欲しいカラーに合わせて購入キャリアを選びましょう。

今回のレビューでは、「クリーム」を使用しています。

外観デザイン

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5はこれまでのFlipシリーズと同様、縦長のデザインが採用されています。

手のひらサイズに折りたたむことができ、小さなポケットにもすっぽり収納可能です。

小型サイズのスマホを探している方にも合うかもしれません。

Galaxy Z Flip5実機

画面側のデザイン

Galaxy Z Flip5実機

画面側のデザインは、前モデルのGalaxy Z Flip4からほとんど変わっていません。

ベゼル幅が狭く、インカメラもパンチホールデザインなので画面表示領域が広く、画面いっぱいに映像が表示されます。

目線を遮るものがないので、動画視聴時やゲームプレイ時には高い没入感が得られます。

また縦に長いスリムなデザインなので片手でも握りやすく、女性の手でも持ちやすいと感じました。

ヒンジは自由な角度で固定できるため、テーブルの上に本体を立てて置く際、特別なアクセサリーは必要ありません。

ハンズフリーで通話をしたり動画を再生したりできて非常に便利です。

背面デザイン

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip4の背面は、上部左側にカメラレンズが2つ横に並んでいます。

さらに上半分にカバーディスプレイを搭載しており、閉じた状態でもあらゆる操作が可能です。

カバーディスプレイで操作できる主な機能
  • メッセージの作成・確認
  • 電話の発着信
  • 天気予報の確認
  • カレンダーや時計などのウィジェット表示
  • 動画再生・音楽再生
  • マップ表示

カメラ撮影時にはフレックスモードにすることで、カバーディスプレイにカメラ画面を表示させることが可能です。

カメラ画面を確認しながら撮影できるので、セルフィー撮影も失敗なしで簡単に行えて便利でした。

アイコン
実際に使用してみましたが、スマホを操作するために本体を逐一開く必要がないので、外出先でも楽に操作できました。

コンパクトサイズのスマホが欲しい人にとっても、非常に使い勝手の良いスマホといえるでしょう。

なお、カバーディスプレイは自由にカスタマイズ可能です。

利用するウィジェットや壁紙、時計スタイルなどを設定でき、自分好みのデザインで使用できますよ。

Galaxy Z Flip5実機

背面下側は強化ガラスでコーティングされており、ツルツルした手触りです。

今回レビューで使用した白系のクリームの端末では、指紋や埃は目立ちませんでした。

ただし黒系は指紋や汚れがどうしても目立ちやすいので、気になる人はケースをつけて使用することをおすすめします。

背面のロゴや型番の印字

サムスン公式オンラインストアのモデルには、背面には何も印字がありません。

ヒンジ部分に「SAMSUNG」が大きく刻印されていますが、開いた状態ではヒンジが隠れるため刻印が見えず、すっきりとしたデザインです。

auモデルには、本体下側中央部分に機種の型番がうすく印字されています。

また、ドコモモデルでは、本体中央部分にも「docomo」のロゴが印字されていました。

Galaxy Z Flip5実機

購入するキャリアによって印字されている数が異なるため、印字が気になる人はサムスン公式オンラインストアで購入すると良いでしょう。

レンズの出っ張り

Galaxy Z Flip5実機

レンズはかなり出っ張っています。

テーブルなどに接触するとレンズが擦れてしまい傷が付く恐れがあるので、取り扱いには注意が必要です。

不安な人は、レンズを保護するフィルムやケースを利用すると良いでしょう。

ボタン配置

Galaxy Z Flip5実機
本体左側面

本体左側面には、SIMスロットがあります。

同梱されているSIMを差し込んで取り出す仕様です。

なお、microSDカードには対応していないため、外部メモリは使用できません

Galaxy Z Flip5実機
本体右側面

本体右側面には、音量調整ボタン・電源ボタンがあります。

右手で操作する際は指が当てやすく、楽に操作できました。

電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵されています

ボタンに触れるだけで簡単にロック解除できて非常に使いやすかったです。

Galaxy Z Flip5実機
本体下側

本体下側には、マイク・スピーカー・充電コネクタを搭載。

Galaxy Z Flip5実機
本体上側

本体上側にはマイクが搭載されています。

イヤホンジャックは非搭載

Galaxy Z Flip5には、3.5mmイヤホンジャックは非搭載です。

有線イヤホンを直接接続することはできません。

基本的にはGalaxy Budsなどのワイヤレスイヤホンを使用することをおすすめします。

有線イヤホンは、USB-Type Cの変換アダプターを接続することで使用可能です。

必要に応じて用意しましょう。

防水性能

Galaxy Z Flip5は、IPX8等級の防水性能を備えています。

雨や水に濡れても故障の心配がないので、屋外や水回りでも安心して使用できます。

ただし、真水での検証実験しか行っていないため、海水やプールでの使用はおすすめできません。

アイコン
Galaxy Z Flip5に限らず、スマホは本体が劣化していくことで防水性能が低下していく恐れがあります。確実に防水できるとは限らない点には注意してください。

なお、防塵性能は備えていないので、埃などが入り込んで故障する可能性があります

長く安全に使用するためにも保護ケースなどを使用することをおすすめします。

サイズ・重さ

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5の本体サイズは、開いた状態は高さ165mm×幅72mm×厚さ6.9mmです。

本体を閉じると、高さ85mm×幅72mm×厚さ15.1mmになります。

一般的なスマホよりも幅が狭く、縦に長いデザインです。

女性の筆者でも片手でしっかり握ることができ、持ちやすいと感じました。

また閉じると手のひらサイズになり、非常にコンパクトに収納できます。

Galaxy Z Flip5実機

小さめのバッグにも楽に入れることができ、胸ポケットにも収まるので持ち運びに便利です。

コンパクトサイズで持ち運びやすく、必要な時には大画面で操作できるので、「小さいスマホが欲しいけど、画面は大きい方が嬉しい」という人にはまさにぴったりなモデルです。

Galaxy Z Flip5実機

重量は約187gと比較的軽量。

持った時にズシっとした重みがなく、手首への負担は感じられませんでした。

長時間操作しても疲れにくく、ゲームも快適にプレイできるでしょう。

Galaxy Z Flip5のスペックを実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5は、高性能CPU「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載しています。

先代のSnapdragon 8 Gen 1よりも、CPUの処理能力は約30%向上。人工知能専用のプロセッサーであるNPUの性能も49%向上しました。

Snapdragon 8+ Gen 1を搭載している前モデルのパフォーマンス性能と比べてもCPUは17%、GPUは25%性能アップしているので、負荷が大きいアプリもサクサク動作します。

Galaxy Z Flip5のAnTuTuベンチマークスコアを調査したことろ、総合スコアは約140万点とかなり高め。

100万点以上あれば負荷が大きいアプリも快適に動作するといわれているため、Galaxy Z Flip5ならまったく問題なく動作します。

メモリも8GBと十分な容量があるので、複数のアプリを同時に起動しても動作が重くなることはありません。

実際に複数のアプリを同時に起動して操作してみましたが、カクついたりフリーズしたりすることはありませんでした。

アイコン
GPUスコアも約48万点と高い数値です。3Dグラフィックを多用したアプリも問題なく動くでしょう。

グラフィック性能やゲーム性能については「ゲームアプリの動作」で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

本体は発熱しやすい

Galaxy Z Flip5は処理性能が高いものの、高負荷なアプリやゲームをしすぎると本体が熱くなることがあるので注意が必要です。

実際に数時間ゲームをしたりアプリをダウンロードしたりしていたところ、本体がかなり熱くなりました。

本体が熱くなるとCPUの動作が不安定になることがあるので注意が必要です。

アイコン
突然アプリが強制終了してしまったりフリーズしたりする可能性があるので、熱くなった時は一度使用を中断しましょう。

Galaxy Z Flip5のカメラを実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5は広角・超広角のデュアルカメラを搭載しています

Galaxy Z Flip5のカメラ性能は、カメラに特化した高性能スマホと比べると優れているとはいえません。

しかしカメラ性能に特別なこだわりがなく、キレイな写真が撮影できれば良いという人であれば十分使えるクオリティです。

Galaxy Z Flip5のカメラ性能
画素数広角:12MP
超広角:12MP
フロントカメラ:10MP
F値広角:1.8
超広角:2.2
フロントカメラ:2.2
オートフォーカス広角カメラ
ズームデジタルズーム(最大10倍)
ビデオ解像度UHD 4K 60fps
スローモーション撮影960fps FHD,240fps FHD

画素数は12MPと高性能スマホの中では平均的ですが、暗い場所でも明るく鮮明な写真を撮れるのが魅力です。

フレックスモードを搭載しており、カメラ起動時に撮影画面をカバーディスプレイに表示させることができます。

画面の映りを確認しながら撮れるので、セルフィー撮影も失敗なしで行えて便利です。

また手のひらシャッター機能では、カメラに手のひらを向けるだけでシャッターを切ることができます。

アイコン
シャッターボタンを押す必要がないので、ハンズフリーでも簡単に撮影可能です。

さらにGalaxy Z Flip5なら画面を自由な角度に変えて設置できます

三脚なしでカメラを固定できるのは非常に便利です。セルフィーも自由なアングルで撮影できます。

実際にGalaxy Z Flip5で写真を撮影してみました。

日中に撮影した写真

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×0.5
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×1.0
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×4.0
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×10

細部まで鮮明に映し出すことができましたが、デジタルズームで10倍までズームすると画質が荒くなってしまいました。

ズーム撮影の精度はあまり良くないので、ズーム撮影をよくする人にはおすすめできません。

ポートレート撮影

Galaxy Z Flip5のポートレートモードは、撮影時にズームすることはできません。

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:ポートレートモード

実際にポートレートモードで撮影してみると、違和感なくボケ味を加えることができました。

また、撮影後にボケ味の強度の調整やエフェクトを変更することも可能です。

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5のポートレートモード:ズーム

思い通りの加工を加えることができて、操作もとても簡単でした。

夜景撮影

Galaxy Z Flip5のカメラはナイトモードにも対応しています。

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×1.0

こちらは広角1.0倍で撮影した写真です。

細部まで鮮明に写し出しており、明るくキレイな写真が撮影できます

一方、倍率を変更して撮影すると画質が粗くなり、ノイズが発生してしまいました。

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×0.5
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×4.0
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5で撮影:×10

特に10倍ズームで撮影するとノイズが目立ちます。

夜景撮影は広角1.0倍で撮影するようにしましょう。

カメラのフィルター機能

Galaxy Z Flip5のカメラには、フィルター機能が備わっています。

フィルターを付加することで簡単に写真の印象を変えることができて便利です。

フィルター
  • ウォーム
  • クール
  • ライト
  • フロスティ
  • ブロッサム
  • アイボリー
  • ソフト
  • KissMe
  • グレースケール
  • B&W
  • ビネット

実際にフィルターを追加して撮影してみました。

Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5のエフェクト:ソフト
Galaxy Z Flip5実機
Galaxy Z Flip5のエフェクト:グレースケール

写真アプリを利用しなくても多くのフィルターを加えることができます。

またカメラには「シーン別に最適化」という機能が備わっており、カメラが自動で被写体などを判別し、設定を最適化してくれます

カメラ機能に詳しくない人でも簡単にキレイな写真を撮影可能です。

Galaxy Z Flip5のディスプレイを実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機

メインディスプレイは、6.7インチの大型有機ELディスプレイを搭載しています

フルHD+の解像度に対応しており、高画質かつ美しい映像で動画やゲームを楽しめます。

また最大120Hzの高リフレッシュレートに対応。

画面の動きがなめらかで、スクロール操作もサクサク動きます。

またピーク輝度も前モデルの1,200ニトから1,750ニトにアップしており、より明るく表示できるようになりました。

太陽光の下でも画面がはっきりと見え、操作しやすいです。

Galaxy Z Flip5実機

カバーディスプレイは約3.4インチ。

メインディスプレイと同様に約1,600万色を再現できるため、メインディスプレイと同レベルの画面表示が可能となっています。

動画などもくっきりはっきり表示されるので、情報をサッとチェックしたいときなどには、メインディスプレイで再生しなくてもカバーディスプレイだけで確認できて便利です。

Galaxy Z Flip5実機

ピーク輝度も1,600ニトと高いので、屋外でも画面がはっきりと見えます。

ただしリフレッシュレートは60Hzで、高リフレッシュレートには対応していません。

ディスプレイの歪みに注意

Galaxy Z Flip5のディスプレイは折りたためるのが特徴ですが、折りたたみを繰り返すことで画面に歪みが生じてしまいます

Galaxy Z Flip5実機

従来モデルより画面の歪みは改善されてはいますが、どうしても使用しているうちにディスプレイの真ん中に折り目がついてしまいました。

動画再生中などは折り目が気になってしまったので、画面の見やすさを重視する人は注意してください。

Galaxy Z Flip5のスピーカー性能を実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5はステレオスピーカーを搭載しています。

実際に音楽を再生してみましたが、雑音がなくクリアな音質で聞くことができました

映画視聴時にも迫力のサウンドが楽しめます。

またGalaxy Z Flip5には、聴覚補助機能が搭載されているのもポイントです。

再生する音質の変更や、補聴器と接続して音質を向上させることなどができます。

聴覚補助機能
  • 音声文字変換
  • 自動字幕起こし
  • 字幕の優先設定
  • 音検知通知
  • 補聴器サポート
  • 周囲の音を増幅
  • Adapt Sound
  • モノラル再生
  • 左右のサウンドバランス

Galaxy Z Flip5なら、聴覚障害を持つ人も快適に使用することができます

耳の聞こえに不安がある人は、ぜひ聴覚補助機能を活用してみてください。

Galaxy Z Flip5のバッテリー性能を実機レビュー

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5は、3,700mAhのバッテリーを搭載しています。

前モデルからバッテリー容量に変更はありませんが、CPUの性能が向上したことで電力効率も改善されました。

バッテリー持ちがいいスマホで、音楽再生は最大57時間、ビデオ再生は最大20時間の連続使用が可能です。1日たっぷり使用することができます。

実際にGalaxy Z Flip5を使用し、バッテリー持ちを調査してみました。

Galaxy Z Flip5実機

電話やアプリのダウンロード、Webページの閲覧、写真撮影など、普段通りに1日使用した後のバッテリー残量は73%。

普段づかいには十分なバッテリー持ちといえるでしょう。

Galaxy Z Flip5実機

ゲームを2時間プレイした後のバッテリー残量は56%でした。

一般的に、グラフィックを多用するゲームはCPUの動作も大きくなるため、バッテリーの消費は早くなるものです。

それを考慮すると、Galaxy Z Flip5は十分なバッテリー持ちといえるでしょう。

また25Wの急速充電に対応しているので、充電も素早く行えます。

約30分で最大50%の充電が可能なので、充電するのを忘れてしまった朝でも、十分な量の充電が可能です。

さらにワイヤレス充電にも対応しています。Qi規格対応のワイヤレス充電器があれば、充電パッドに置くだけで簡単に充電できて便利ですよ。

Galaxy Z Flip5のゲームアプリの動作をチェック

Galaxy Z Flip5実機

Galaxy Z Flip5で実際にゲームアプリをプレイし、動作をチェックしてみました。

今回プレイしたのは、「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」「原神」「呪術廻戦 ファントムパレード」の3つのゲームです。

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク

Galaxy Z Flip5実機

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクは、流れてくるマークをタップして高得点を目指すリズムゲームです。

画面に表示されるマークに合わせて、タップだけでなくスライドなどの操作も行います。そのため、画面がなめらかに動かないと正確に操作できません。

Galaxy Z Flip5は120Hzのリフレッシュレートに対応しているため、画面の動きは申し分なく、快適に操作できました

また処理性能も高いので、画面がフリーズしたりカクついたりすることもありません。

原神

Galaxy Z Flip5実機

原神は美しい3Dグラフィック映像が特徴のオープンワールドRPGです。

非常にデータ量が大きいアプリとしても知られており、快適にプレイするには高スペックのスマホを使用する必要があります。

Galaxy Z Flip5は、高性能CPUのSnapdragon 8 Gen 2を搭載している上に、メモリの容量も8GBと大きいので、問題なくプレイできるスペックを持っています。

実際にプレイしてみましたが、画面がフリーズするなどの問題は起こらず、グラフィックも非常に美しく表示され、ゲームの世界感をしっかり楽しめました。

ただし、画質を上げるとカクつくことがあるので、原神をプレイする際はデフォルト設定のままにしておくことをおすすめします。

呪術廻戦 ファントムパレード

Galaxy Z Flip5実機

人気アニメ「呪術回線」の世界を楽しめるRPG「呪術廻戦 ファントムパレード」は、グラフィックを多用した映像や演出の多さが特徴のゲームです。

高いグラフィック性能が必要となりますが、Galaxy Z Flip5でもまったく問題なくプレイできました。

画面もスムーズに動くので、快適にプレイできます

Galaxy Z Flip5のメリット

Galaxy Z Flip5のメリット

実際にGalaxy Z Flip5を使用してみて感じたメリットをまとめました。

メリット
  • 高性能CPUのSnapdragon 8 Gen 2搭載で処理性能が高く、快適に操作できる
  • 6.7インチの大型ディスプレイを折りたたんでコンパクトに収納できる
  • 3.4インチのカバーディスプレイ搭載で折りたたんだ状態でも操作が可能
  • スリムな形状で片手でも持ちやすい
  • 最大120Hzの高リフレッシュレート対応。画面の動きがなめらか
  • ピーク輝度が1,750ニトに向上しており太陽光の下でも画面の表示が見やすい
  • 高品質なステレオスピーカー搭載で音質がクリア
  • 聴覚障害を持つ人に配慮した聴覚補助機能を搭載
  • 広角・超広角のデュアルカメラは夜景も明るくキレイに撮影できる
  • 画面に撮影画面を表示させながらセルフィー撮影ができるフレックスモード搭載
  • 急速充電対応で、バッテリーがなくなっても素早く充電できる

高性能CPUのSnapdragon 8 Gen 2搭載

Galaxy Z Flip5は、Snapdragon 8 Gen 2を搭載した高性能モデルです。

処理性能が高く、負荷が大きいアプリもサクサク動作します

3Dグラフィックを多用したゲームも、問題なくプレイすることができました。

大型ディスプレイが折りたためてコンパクトに

また、3.4インチのカバーディスプレイを搭載しているため、折りたたんだ状態でも操作が可能である点もGalaxy Z Flip5の魅力です。

高性能でコンパクトに持ち歩けるスマホが欲しい人は、ぜひGalaxy Z Flip5の購入を検討してみてください。

Galaxy Z Flip5のデメリット

Galaxy Z Flip5のデメリット

Galaxy Z Flip5のデメリットは以下の通りです。

デメリット
  • 負荷がかかりすぎると発熱する
  • 望遠レンズ非搭載でズーム撮影すると画質が荒くなる
  • イヤホンジャック非搭載
  • 折りたたむことでディスプレイが歪んできてしまう
  • 縦長なデザインは好みが分かれる
  • 防塵非対応

負荷がかかりすぎると発熱する

Galaxy Z Flip5は発熱に注意してください。

長時間ゲームをプレイしていると本体が発熱しました。

場合によっては、画面がフリーズするなどの不具合が発生する可能性があります。

本体が熱くなったら使用を中断するなど、使いすぎないよう注意しましょう。

折りたたむことでディスプレイが歪んできてしまう

また本体を折りたためることはメリットですが、画面中央に歪みが生じてしまう点は難点です。映像が歪んで見えるようになってしまいます。

長く使い続けるのは難しいモデルなので、2~3年程度で買い換えることを想定して購入を検討した方が良いでしょう。

望遠レンズ非搭載でズーム撮影すると画質が荒くなる

またカメラ性能も他の高性能スマホと比べて優れているとはいえません。

望遠カメラ非搭載で光学ズームも搭載されていないため、ズーム撮影時には画質が荒くなってしまいます

カメラ性能を重視する人は、Galaxy S23 Ultraなどカメラ性能に特化したスマホの購入をおすすめします。

Galaxy Z Flip5の口コミ・評判

Galaxy Z Flip5実機

最後にGalaxy Z Flip5の口コミ・評判を調査しました。

購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Galaxy Z Flip5の口コミ・評判
  • カバーディスプレイが使いやすい
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 画面の折り目が気になる

Galaxy Z Flip5の口コミでは、カバーディスプレイの使いやすさを評価する声が多数ありました。

カバーディスプレイでもゲームが楽しめる・Xが操作できるなど、閉じた状態でもさまざまな操作をできることに魅力を感じている人が多いです。

またコンパクトに持ち運びできる点も好評です。

一方、画面の折り目が気になるという声も多く見受けられます。

保護シートを貼っても折り目部分から剥がれてきてしまうという声もあったので、画面の取り扱いには注意してください。

Galaxy Z Flip5は高性能でコンパクトなスマホが欲しい人におすすめ!

Galaxy Z Flip5

画像引用元:Galaxy Z Flip5

6.7インチの大型ディスプレイを半分に折りたたむと、手のひらサイズになるGalaxy Z Flip5。

3.4インチのカバーディスプレイも搭載されているので、折りたたんだ状態でもさまざまな操作ができて便利です。

またSnapdragon 8 Gen 2を搭載しているため処理性能も高く、負荷が大きいアプリもサクサク動作します。3Dゲームも快適にプレイすることができました。

一方、カメラに特化したスマホではないため、カメラ性能が非常に優れているとは言えません。

また折りたためるディスプレイは使い勝手が良いものの、画面中央に折り目がついてしまうことがある点には注意してください。