スマホの動きが重い時に考えられる原因5つと対処法7つ

スマホの動作が重くなった時に考えれる原因とその対処法を解説。スマホの動作が重くなったにもかかわらずそのまま放置していると、故障の原因になってしまう恐れも。動作が重くなったと感じたら、すぐに本記事でご紹介している方法を試してみてくださいね。
  • 2024.6.10
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024.5.30に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
スマホの動きが重い時に考えられる原因5つと対処法7つ

スマホを使っているとき、「動作が遅い」「鈍い」と感じたことはありませんか?

この記事では、使用しているスマホの動作が重くなった時に考えれる原因とその対処法について解説していきます。

スマホの動きが重い時に考えられる原因

スマホの動きが重い時の対処法
  • 使用していないアプリを終了する
  • 不要な動画や画像、アプリなどを削除する
  • アプリのキャッシュを削除する
  • スマホのOSやアプリをアップデートする
  • スマホを再起動する
  • スマホのデータ容量を追加で購入する
  • Wi-Fiに接続してみる

スマホの動きが鈍くなってしまい困っている方は、本記事でご紹介している解決策をぜひ試してみてくださいね。

なお、古い機種をお使いの方は、思い切って新しいハイスペックスマホに買い替えるのもおすすめです。

最新スマホはauがお得!
  • 5Gスマホがおトクになるキャンペーン中
  • Galaxy Z Flip5なら最大27,500円割引
  • Galaxy新機種も発売!

スマホの動きが重い時に考えられる原因5つ

スマホの動きが重い時に考えられる原因

スマホを長時間使い続けていたり、色々なアプリを同時に使用していたりすると、スマホの動きが重くなってしまうことがあります。

では、なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

ここではその原因として考えられることをひとつずつ解説していきます。

スマホの動作が重い原因
  • ストレージとメモリの容量不足
  • 本体もしくはバッテリーの物理的な不具合
  • 通信環境の問題
  • スマホの劣化
  • OSやアプリのバージョンが古い

ストレージとメモリの容量不足

写真や動画、音楽などをスマホにたくさん保存している場合、ストレージがいっぱいになっているのが原因で、スマホの動作が重くなっているのかもしれません。

ストレージに余裕がなくなると、スマホの動作は鈍くなります。

現在、スマホ内のストレージをどのくらい使っているのか確認し、できるだけ空き容量を確保しましょう。

最近のスマホは、ストレージ(データを保存しておく場所)容量がかなり大きくなりました。

一方で、カメラ性能の向上により、スマホでも高解像度な写真や動画が撮れるようになったことで、保存に必要とされるデータ容量も年々大きくなってきているのです。

アイコン
音楽データも同様です。スマホで音楽を聴くために、曲をいっぱいダウンロードしている方は注意してくださいね。

スマホのストレージ容量は、定期的にチェックして管理することをおすすめします。

不要なファイルは削除して、ストレージをなるべく空けておくと良いでしょう。

本体もしくはバッテリーの物理的な不具合

メモリや容量はあるのに動作が重い場合、本体やバッテリーに問題があるのかもしれません。

たとえばスマホ本体やバッテリーが、故障または劣化しているケースが考えられます。

また、古い機種を使っている場合は、最新のOSやアプリにスペックが追いつかず、対応できていない可能性も。

スマホは電子機器ですから、どれだけ丁寧に扱っていても経年劣化は避けられません。

バッテリー持ちのいいスマホへの買い替えも視野に入れて対処しましょう。

通信環境の問題

スマホは常時インターネットに接続しており、アプリの中には常に通信を行っているものもあります。

そのようなアプリで異常が発生した場合、「スマホの動作が急に重くなった」と感じてしまう可能性も。

そのようなときは、まず通信環境を見直してみましょう。

もしかしたら通信環境の悪さが原因で、エラーが起きているのかもしれません。

スマホの劣化

同じスマホを長年使い続けていると、故障や劣化で動作が遅くなっていくものです。

また、古い端末で最新のアプリを利用するとスペックが追いつかず、「動作が遅い」と感じてしまうことも。

購入後2~3年経過している端末は、最新の人気スマホをチェックして買い替えを検討した方が良いでしょう。

OSやアプリのバージョンが古い

スマホのOSやアプリのバージョンが古い場合、動作が重くなることがあります。

適切なOSアップデートをせずに使い続けると、スマホのセキュリティを含むあらゆる面で問題が発生する恐れも。

また、アプリも常に最新のものにアップデートすることで、セキュリティの強化や動作の安定性アップに繋がります。

OSやアプリの更新は定期的に行い、最新の状態にしておくことが重要です。

スマホの動きが重い時の対処法7つ

スマホの動きが重い時の対処法

スマホの動作が遅くなったときの対処法をご紹介します。

いずれも自分でできる簡単なものばかりです。

スマホを修理に出したり買い替えたりする前に、一通り試してみてください。

スマホの動きが重い時の対処法
  • 使用していないアプリを終了する
  • 不要な動画や画像、アプリなどを削除する
  • アプリのキャッシュを削除する
  • スマホのOSやアプリをアップデートする
  • スマホを再起動する
  • スマホのデータ容量を追加で購入する
  • Wi-Fiに接続してみる

使用していないアプリを終了する

一度起動したアプリは、画面に表示されていなくてもバックグラウンドで動いていることがあります。

アイコン
「バックグラウンドで動いている」とは、「画面からは見えない場所で、こっそり動作している」という意味です。

バックグラウンドで動いているアプリは、基本的にユーザーが終了させない限りずっと起動したままです。

しかし、当然ながらメモリの容量を圧迫するため、スマホの動作に影響を及ぼします。

バックグラウンドで起動しているアプリがあった場合は、それを終了させましょう。

そうすることでメモリの容量が確保され、スマホの動作が改善される可能性があります。

バックグラウンドで起動しているアプリの終了方法は以下の通りです。

  1. ホーム画面の下部から上にスワイプする
  2. 終了したいアプリをスワイプして探す
  3. アプリのプレビューを上にスワイプする

なお、バックグランドで動作しているアプリを終了する方法は、OSのバージョンや機種によって異なります。

手順が分からない場合は、メーカーの公式サイトか説明書を確認してから作業してください。

不要な動画や画像、アプリなどを削除する

動画や画像、アプリなどをスマホにたくさん保存しているとストレージ容量が不足し、スマホの動作が重くなることがあります。

たとえばAndroidスマホの場合、空き容量が全体の10%未満になると、スマートフォンで問題が発生することがあるようです。

参考:Google公式サイト

スマホ本体の容量が不足してきたら、不要な動画や画像、アプリなどは削除してください。

大事なデータを消さざるを得ない場合は、SDカードやクラウドサービスへ保存した後、スマホから削除すると良いでしょう。

アプリのキャッシュを削除する

キャッシュはとても便利な機能ですが、データが貯まりすぎてしまうとメモリ容量を圧迫し、スマホの動作に影響を及ぼすことがあります。

キャッシュとは
キャッシュは、情報を一時的にメモリ内に保存しておく機能です。一度読み込んだことがある情報を、すぐにまた読み出せるようにしてくれます。

キャッシュは定期的に削除しましょう。

iPhoneでは本体の容量が不足してくると、キャッシュが自動的に削除されます。ユーザーが手動で削除する必要はありません。

一方、Androidスマホでは、ユーザーが自分でキャッシュを削除する必要があります。

キャッシュの削除方法はメーカーによって異なるため、お使いのスマホのメーカーの公式サイトもしくは取扱説明書をよく確認してから作業してください。

スマホのOSやアプリをアップデートする

最新版のOSでは、挙動の重さを含めた様々な不具合が改善されている場合があります。

スマホのOSが古いバージョンのままだった場合は、最新版にアップデートすることで動作が改善するかもしれません。

AndroidのOSをアップデートする方法は以下のとおりです。

  1. 「設定」→「システム」→「詳細設定」をタップ
  2. 「システム アップデート」をタップして完了

なお、機種によっては上記の通りではない場合もあります。該当する項目が見つからない場合は、お手持ちのスマホの取扱説明書をご確認ください。

iPhoneのOSをアップデートする方法は以下のとおりです。

  1. 「設定」→「一般」
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップして完了

OSを最新版にアップデートすることで、動作だけでなくセキュリティ面も向上します。

時間と手間のかかる作業ではありますが、スマホを安全に使っていくためにも、できるだけOSは最新版を維持するようにしましょう。

Hamic MIELS

動作が軽い!ハイスペックスマホ5選

iPhone 15 Pro

たとえスマホであってもハイスペックな機種は、ちょっとしたノートパソコンよりも高いスペックを誇ります。

「たかがスマホ……」と侮ってはいけません。

ここでは「動作が軽い」と評判のハイスペックスマホをご紹介します。

iPhone 15 Pro/Max

iPhone 15 Pro

画像引用元:iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max – Apple(日本)

iPhoneシリーズは、動作が軽快でスムーズに操作することができます。もっさりしたり遅くなったりすることはありません。

なかでもiPhone 15 Proシリーズは、最新のCPUを搭載しているため、これを選んでおけば間違いないといえるでしょう。

iPhone 15 Proシリーズは、ProとMaxの2種類に分かれます。

モデルごとの違いは以下の通りです。

iPhone 15 Pro/Maxの違い
  • iPhone 15 Pro Maxはカメラ機能の性能がより高い
  • iPhone 15 Pro Maxはバッテリー容量がより多い
  • iPhone 15 Pro Maxはディスプレイがより大きく迫力がある
各機種の詳細を表示する
iPhone 15 Pro

iPhone 15 Proの評価
総合評価4.4点
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15 Proのスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6 mm
幅:70.6 mm
厚さ:8.25 mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200画素
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
RAM8GB
OSiOS 17
CPUA17 Proチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • iPhone史上最高性能のチップ搭載
  • チタニウムで軽くて丈夫
  • 常時表示ディスプレイに対応
デメリット
  • 価格が高い
  • カメラ性能はiPhone 15 Pro Maxの方がさらに良い
  • イヤホンジャック非搭載・microSD非対応

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Pro Maxの評価
総合評価4.5点
カメラ性能4.5
処理性能5.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
iPhone 15 Pro Maxのスペック
発売日2023年9月22日
ストレージ256GB
512GB
1TB
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:159.9 mm
幅:76.7 mm
厚さ:8.25 mm
重さ221 g
アウトカメラメイン:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素(5倍望遠)
インカメラ1,200万画素
バッテリービデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電約30分で最大50%充電
RAM8GB
OSiOS 17
SOCA17 Proチップ
認証Face ID
防水IP68等級
端子USB-Cコネクタ
メリット
  • 本体にチタン素材を採用することで軽量化を実現
  • USB-C搭載で、充電やデータ転送速度が高速化
  • 便利なアクションボタンを新搭載
  • 望遠カメラの使い勝手が非常に良い
  • バッテリー持ちがとても良い
デメリット
  • 高級感あるデザインだが、カラバリは地味
  • 本体サイズが大きく、人によっては片手操作が厳しいかも
  • 価格が非常に高い

iPhone 15 Pro Maxはカメラ機能の性能がより高い

iPhone 15 Pro MaxiPhone 15 Proの最も大きな違いは、5倍ズームの望遠カメラの有無です。

iPhone 14 Pro Maxは3倍ズームに対応していましたが、iPhone 15 Pro Maxでは5倍ズームが可能になりました。

しかも、初採用の「テトラプリズムレンズ」が、プリズムを4回反射させることで望遠に必要なレンズ長を確保。

薄いiPhoneでありながら一眼レフのような望遠レンズを再現しています。

iPhone 15 Pro Maxはバッテリー容量がより多い

iPhone 15 Pro Maxのバッテリーは4,422mAhで、Proの3,274mAhよりも大容量です。

その分ボディサイズも大きいのですが、やはりバッテリー持ちはかなり違います

バッテリーが長持ちのスマホが欲しい方におすすめです。

iPhone 15 Pro Maxはディスプレイがより大きく迫力がある

iPhone 15 Pro Maxのディスプレイサイズ6.7インチです。iPhoneの中では最大の大きさを誇ります。

画面性能はProと同じですが、映画やゲームなどでダイナミックかつ迫力ある映像を楽しむことができるでしょう。

アイコン
画面の大きなiPhoneを一度使うと、小さなiPhoneには戻れなくなるかもしれないですね。

iPhone 15 Proをおすすめする理由

iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxの違いについて解説してきましたが、両者はカメラ性能とバッテリー容量以外に大きな違いがありません。

どちらが自分に合っているのかは、iPhoneの用途によって変わるでしょう。

ただし、iPhone 15 Pro Maxの価格の高さはネックになるかもしれません。

iPhone 15 Proも高額ではありますが、カメラ性能は通常版のiPhone 15よりも格段に上ですし、価格に見合った性能を発揮してくれることでしょう。

迷っているのであれば、画面がコンパクトな最新のiPhone 15 Proをおすすめします。

iPhone 15 ProはiPhone 15と同じサイズですが、3眼レンズを搭載しています。望遠・マクロ撮影など、何でもこなす素晴らしいスマホです。

アイコン
カメラの望遠にもっと興味がある方にはiPhone 15 Pro Maxをおすすめします。光学30倍ズームに対応しているので、どのような場面でも最高の撮影が可能です。

画面も大きいですし、バッテリー持ちもとてもいいですよ。

iPhoneの完成度はとても高く、高次元で上手くまとまっているスマホです。もし機種選びに迷ったらiPhone 15 Pro/Maxを選べば間違いないでしょう。

なお、どちらを選んでもiPhoneは数年間のOSアップデートが約束されているため、長期間使い続けることは可能です。

iPhone 15 Proのおすすめポイント
  • 最新A17Pro Bionicチップ搭載
  • チタニウム製のケースで高級感アップ
  • 望遠レンズによる高倍率撮影が可能
  • シネマティック撮影で動画でも背景ボカシが可能
  • ヌルサクの操作感
  • アクションボタン搭載でさまざまな機能を割り当て

今までiPhoneを使ったことがなかった方も、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

一度は高性能なスマホを使ってみたい方には、iPhone 15 Proが一押しですよ。

iPhone 15 Proの価格
ドコモ128GB:192,060円
256GB:218,790円
512GB:255,090円
1TB:販売終了
公式サイトを見る
au128GB:185,860円
256GB:211,930円
512GB:248,560円
1TB:285,420円
公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:185,760円
256GB:211,680円
512GB:248,400円
1TB:285,120円
公式サイトを見る
楽天モバイル128GB:174,700円
256GB:192,800円
512GB:225,800円
1TB:259,800円
公式サイトを見る
Apple Store128GB:159,800円
256GB:174,800円
512GB:204,800円
1TB:234,800円
公式サイトを見る
ahamo128GB:192,060円
256GB:218,790円
512GB:255,090円
1TB:291,830円
公式サイトを見る
iPhone 15 Pro Maxの価格
ドコモ256GB:236,940円
512GB:273,680円
1TB:305,910円
公式サイトを見る
au256GB:230,360円
512GB:267,100円
1TB:303,850円
公式サイトを見る
ソフトバンク256GB:229,680円
512GB:266,400円
1TB:293,040円
公式サイトを見る
楽天モバイル256GB:210,800円
512GB:244,800円
1TB:276,800円
公式サイトを見る
Apple Store256GB:189,800円
512GB:219,800円
1TB:249,800円
公式サイトを見る
ahamo256GB:236,940円
512GB:273,680円
1TB:305,910円
公式サイトを見る

Galaxy S24 Ultra

Galaxy S24 Ultra

初心者向けのエントリーモデルからハイスペックモデルまで幅広く展開しているSamsung(サムスン)のGalaxy(ギャラクシー)ブランド

Galaxyは4つのシリーズ(Aシリーズ、Sシリーズ、Zシリーズ、Noteシリーズ)から構成されています。

ハイスペックにこだわるなら、何と言ってもハイエンドモデルのSシリーズは外せません。

2024年4月に発売されたGalaxy S24 Ultraは、そんなSシリーズの最高峰スマホです。

Galaxy S24 Ultraの評価
総合評価4.7点
カメラ性能5.0
処理性能5.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
Galaxy S24 Ultra
発売日2024年4月11日(木)
画面サイズ6.8インチ
本体サイズ幅:79mm
高さ:162.3mm
厚さ:8.6mm
重さ233g
アウトカメラアウトカメラメイン:2億画素
超広角:1,200万画素
望遠①:1,000万画素
望遠②:5,000万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB
ROM256/512GB/1TB
CPUSnapdragon® 8 Gen 3 for Galaxy
認証指紋認証
顔認証
防水・防塵性能IP68
カラーチタニウムグレー
チタニウムブラック
チタニウムバイオレット
メリット
  • 高級感漂うデザイン
  • 広角カメラは2億画素!光学100倍ズームにも対応
  • Sペン内蔵。いつでも気軽にメモが取れる
デメリット
  • 本体が大きくて重い。手が小さい人には向かない
  • 価格が高い

ボディはチタニウム仕上げでとても高級感があります。

また、最新CPUやカメラを搭載しており、ハイスペックを求めるユーザーからは高評価です。

前モデルと同じくSペンが使用可能で、スマホ本体に内蔵できる点も魅力のひとつ。いつでも簡単に書き込みができます。

カメラも他の追従を許さない高スペックを実現しました。

4眼カメラを搭載し、メインカメラは2億画素。最大100倍のデジタルズームが可能で、様々な画角の撮影に対応できます。

アイコン
OSアップデートは、Galaxy S24シリーズから7世代サポートに対応しました。セキュリテアップデートも7年間です。購入しても7年は使い続けられるのは嬉しいですよね。

Galaxy S24 Ultraの価格
ドコモ256GB:218,460円
512GB:232,804円
1TB:261,580円
公式サイトを見る
au256GB:224,800円
512GB:販売終了
1TB:販売終了
公式サイトを見る
Samsungオンラインショップ256GB:189,700円
512GB:204,100円
1TB:233,000円
公式サイトを見る

Galaxy S24 Ultraは、数年使っただけで動作が遅くなるようなことはないでしょう。

カメラ性能もとても良いので、価格が高くてもカメラ性能のいいスマホが欲しい人におすすめです。

Xperia 1 V

Xperia 1 V実機レビュー

SONYブランドのXperiaシリーズにおいて、Xperia 1 Vは最高峰のフラッグシップモデルです。

CPUはSnapdragon 8 Gen 2を採用。スマホの動作が重たくなることはなく、いつでもサクサクとした動作を約束してくれます。

また、カメラには夜間でも多くの光を取り込むことができる新開発イメージセンサー「Exmor T for mobile」を搭載。明るい写真に仕上がります。

Xperia 1 Vの評価
総合評価4.4点
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5
Xperia 1 V
発売日2023年6月16日
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:165mm
厚さ:8.3mm
重さ187g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB/16GB
ROM256GB/512GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵性能IPX5/8・IP6X
カラーブラック
プラチナシルバー
カーキグリーン(SIMフリー特別色)
メリット
  • 4Kディスプレイ搭載
  • トランジスタ画素積層型CMOSセンサーを世界初搭載
  • 最新チップにより、優れたパフォーマンスを発揮
デメリット
  • 本体が少し細身。人によっては気になるかも
  • 日常づかいには少々オーバースペック
  • 価格が高い

ソニーは、映像のプロや一眼レフユーザーも愛用する製品を開発しています。

最高峰のCPUとソニー独自のイメージセンサーを備えたXperia 1 Vは、カメラ撮影にも強い「完璧なスマートフォン」と言えるでしょう

動作がもっさりすることもないので、日常のさまざまなシーンで大活躍してくれるはずです。

Xperia 5 V

Xperiaシリーズの中でもミドルハイスペックに位置するXperia 5 Vは、コスパの良いスマホです。

価格はXperia 1 Vよりもかなり安いものの、CPUにはXperia 1 Vと同じSnapdragon 8 Gen 2を搭載しています。

つまり、CPUの性能はXperia 1 Vと同じということです。

メモリの容量などは若干違いますが、普段づかい範囲であれば性能の差を感じることはないでしょう。

カメラ性能も充分で、4,800万画素です。決定的な瞬間を高画質で残すことができます。

Xperia 5 Vの評価
総合評価4.3点
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能5.0
コストパフォーマンス4.0
Xperia 5 Ⅴ
発売日2023年10月27日
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ幅:68mm
高さ:154mm
厚さ:8.6mm
重さ182g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128/256GB
CPUSnapdragon 8 Gen2
認証指紋認証
防水IPX5/IPX8
カラーブラック
プラチナシルバー
ブルー
メリット
  • 優れたオーディオ体験を実現する高音質化機能を搭載
  • リアルタイムHDRドライブ搭載。鮮明かつ高品質な映像を楽しめる
  • 新世代センサーにより、高感度・低ノイズでの撮影が可能に
デメリット
  • ディスプレイサイズが6.1インチ。大画面スマホとしては物足りない
  • 本体サイズの割に重量が182gと重い
  • 価格が高い

Xperia 5 Vは、手頃かつ性能の高いスマホを求める人に大変人気があるモデルです。

CPUの性能がかなり高いため、WEB閲覧はもちろん動画鑑賞も余裕でこなすことができるでしょう。

なお、ディスプレイには有機ELが採用されています。画面サイズは6.1インチ、120Hzのリフレッシュレートでなめらかな映像表現が可能です。

Xperia 5 Vの価格
ドコモ151,690円公式サイトを見る
au販売終了
-
楽天モバイル152,400円 公式サイトを見る
ソニー129,800円公式サイトを見る

AQUOS R8 Pro

AQUOS R8 pro実機レビュー

国産スマホとして人気の高いAQUOSシリーズ。

そのフラッグシップモデルに位置するのがAQUOS R8 Proです。2023年7月に発売されました。

AQUOS R8 Pro最大の強みはカメラです。

スマホ向けのセンサーとしては圧倒的な集光量を誇る1インチイメージセンサーと、ライカカメラ社と共同開発した「ズミクロン」レンズを搭載。

朝日や夕焼けなど様々な光の環境に適応できるため、限りなく自然に近い色合いでの撮影が可能になりました。

もちろんCPU性能も申し分ありません。Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platformを搭載しています。

AQUOS R8 proの評価
総合評価4.0点
カメラ性能4.0
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
AQUOS R8 pro
発売日2023年7月20日
画面サイズ6.6インチ
本体サイズ幅:77mm
高さ:161mm
厚さ:9.3mm
重さ約203g
アウトカメラ4,720万画素
インカメラ1,260万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX6/8・IP6X
カラーブラック
メリット
  • リフレッシュレートは240Hz。ゲーム画面も滑らかに表示される
  • Pro IGZO OLEDディスプレイ搭載。発色がかなり鮮やかで、コンテンツ視聴に最適
  • ライカ監修1インチセンサー搭載で写真撮影が楽しい
デメリット
  • 約203gという重量
  • 価格が高い
  • カメラを普段使わない人にはオーバースペック

本体背面から内部の熱を放出する「サーモマネジメントシステム」も搭載。長時間の撮影でも高いパフォーマンスを維持します。

ディスプレイは、最大240Hzのリフレッシュレートを誇る「Pro IGZO OLED」。高い省エネ性能と滑らかかつクリアな表示を両立しました。

さらに、10億色の表現力をもつ美しい画面で、臨場感と迫力があふれる映像を楽しめます。

CPU性能やカメラ性能、ディスプレイの全てにおいて妥協が見られない、非常にハイスペックなスマホです。

AQUOS R8 proの価格
ドコモ176,000円公式サイトを見る
ソフトバンク155,520円公式サイトを見る
SIMフリーモデル192,940円公式サイトを見る

スマホの動作が重くなったら、早めに対処しましょう

スマホの動作が重くなったにもかかわらずそのまま放置していると、故障の原因になってしまう恐れがあります。

少しでも長くスマホを使い続けるためにも、動作が重くなったと感じたらすぐに今回ご紹介した方法を試してみてください。

そして、もし解決しない場合は買い替え時かもしれません。新しいスマホの購入を検討してみてください。

この記事では動作が軽いハイスペックなスマホもご紹介しました。

ずっとiPhoneを使ってきた方には最新シリーズのiPhone 15 Proが、Androidユーザーの方にはGalaxyの最新シリーズが最もおすすめですよ。